Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

トリコロル・パリ : パリとフランスの旅行・観光情報 | September 26, 2017

Scroll to top

Top

雑貨&インテリア

No Comments

Maison Sarah Lavoine

Maison Sarah Lavoine

Photos © Francis Amiand

先日リニューアルオープンしたプランタン・メゾン館のデザインも担当したサラ・ラヴォワンヌの「メゾン・サラ・ラヴォワンヌ」3店舗めとなるコンセプトストアが、パリ2区のシックなヴィクトワール広場に誕生しました。



サラ・ラヴォワンヌはポーランドの貴族出身。フランス版「VOGUE」のディレクターを長年務めた父とインテリアデザイナーの母を持ち、自身も2002年にインテリアデザイン事務所「メゾン・サラ・ラヴォワンヌ」を設立。パリっぽくてコンテンポラリーだけど、ナチュラルでぬくもりのあるスタイルで、現在フランスで最も人気のあるデザイナーの一人です。東京のELLE café青山店のクリエイティブディレクターとして日本にも初登場しました。

プライベートでは、フランスの人気歌手マルク・ラヴォワンヌを夫に持つことで有名。2人の間には3人の子供がいます。

ヴィクトワール広場の「メゾン・サラ・ラヴォワンヌ」は、サラが生み出した深みのある美しさの「サラ・ブルー」を要所要所に散りばめた広々した2フロアの空間。
キッチン、ダイニング、サロン、書斎、寝室、クローゼットルーム…と、まるでサラ自身のアパルトマンに迎え入れてくれるような、そんなコンセプトストアです。サラがデザインするインテリア雑貨や家具、照明はもちろん、彼女のお眼鏡にかなったクリエイターたちの品々もセレクトされています。




メゾン・サラ・ラヴォワンヌ」自慢の上質なリネンのテーブルファブリックや、美味しさはもちろんパッケージの可愛さでも注目の「Confiture Parisienne」のコンフィチュール、ドイツ生まれの紅茶ブランド「P&T」のお茶、デンマーク在住のフランス人「Nicolas Vahé」のとっておきのエピスリーなどなど、ちょっと気のきいた日本へのおみやげアイテムもいろいろ揃います。

パリでしたい100のこと』でも紹介している「Terre de Café」の美味しいコーヒーと、「Choupette de Chouchou」のミニシューが味わえるコーヒーショップ、そして、新鮮な旬の素材を使ったホームメイドの美味しさを味わえるダイニング「La La Cuisine」もあって、(ランチは予約がベター)まさにサラのアパルトマンでおもてなしを受けているような、そんな気分にさせてくれる素敵なお店です。



Maison Sarah Lavoine / メゾン・サラ・ラヴォワンヌ
6 place des Victoires 75002 (地区:
01 40 13 75 75
Etienne Marcel 4番線、Bourse 9番線、Pyramides 7,14番線
月〜土 10:00〜19:00(ランチ12:00〜15:00)
VISA, MASTER
http://www.sarahlavoine.com
9, rue Saint Roch 75001 / 28, rue du Bac 75007


6 place des Victoires 75002

次の記事

次の記事はありません

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)