Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

トリコロル・パリ : パリとフランスの旅行・観光情報 | January 23, 2018

Scroll to top

Top

カフェ&サロン・ド・テ

No Comments

L’ Amaryllis

L’ Amaryllis

ピエール・エルメやパトリック・ロジェなど、有名なパティスリーやショコラティエが建ち並び、スイーツ好きにはパリ観光のマスト・スポットとも言える、サンジェルマン・デプレ界隈。アルノー・ラエールラ・タルト・トロペジエンヌなど、次々と新しいお店ができ、注目の絶えないスイーツ激戦区で、35年以上も店を構える名店ジェラール・ミュロが、昨年11月、ブティック(サンジェルマン店 76 rue de Seine 75006)から数歩の場所に、サロン・ド・テ「ラマリリス」をオープンしました!ケーキはもちろん、惣菜にも定評があるジェラール・ミュロの味をゆっくり座って味わうことができるようになりました。白を基調とした店内は、シックで落ち着いた雰囲気。メニューには、スイーツだけではなく、クロックムッシュやオムレツといった軽食やランチメニューが並び、ランチやティータイムを楽しむ地元のパリジャンたちでにぎわいます。

ランチには、ブティックでも人気のキッシュや、魚やお肉を使った日替りメニュー「Suggestion du jour」がありますが、特におすすめなのは、スープ+サラダ+塩味タルト類の3品が一度に味わえる「Trilogie du jour」(写真)。3品それぞれの内容は日によって変わり、取材時はネギ、カボチャ、ニンジンなど野菜を豊富に使った濃厚なスープに、クルミとアンディーブのサラダ、ジューシーなリヨン風ソーセージが入ったブリオッシュの3品でした。ビストロなど、なにかとボリュームが多いフランスで、日本人のおなかにちょうどよい量。しかも、旅行中不足しがちな野菜をたっぷり摂れるのも魅力です。

また、デザートには、エクレアやミルフイユなどフランスらしいお菓子の他に、店名の由来にもなったアマリリス(ドライフルーツやヌガー、ラズベリー、バニラクリームを使ったマカロンのケーキ)や、季節ごとのパティスリーがあり、どれにしようか迷ってしまうほど。飲み物には、マリアージュ・フレールの紅茶も揃います。
お店の入れ替えが激しいサンジェルマン・デプレで、長年人気を保つジェラール・ミュロ。パリの人々に愛され続ける名店の味を、ぜひ堪能してくださいね!


L’ Amaryllis / ラマリリス
12 rue des Quatre Vents 75006 (地区:
01 43 26 91 03
Odéon 4、10番線、Mabillon 10番線 各徒歩2分
11:00〜18:30
日、月
VISA、MASTER
Trilogie du jour 16€、ケーキ7€前後、紅茶4.9€、エスプレッソ2.8€
http://www.gerard-mulot.com


12 rue des Quatre Vents 75006

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)