Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

トリコロル・パリ : パリとフランスの旅行・観光情報 | January 23, 2018

Scroll to top

Top

フレンチ

No Comments

Beaucoup

Beaucoup

元フードジャーナリストのオーナーが、マレ地区の人気店「Glou グル」「Jaja ジャジャ」に次いで、2012年末にオープンした「Beaucoup ボクー」は、かつてアパレルのショールームだった場所をモダンに改装した広々としたスペースが魅力的なレストラン。自然光がたっぷり差し込む店内は、ナチュラルウッドのテーブルとゆったりとしたブルーのソファや椅子がずらりと並び、とても落ち着ける雰囲気。待合せに便利な大きなエントランスと、店内のどっしりとした長いバーカウンターも特徴的です。

このお店の料理は旬の新鮮な素材を使ったシンプルなフレンチ。肉、魚、野菜、チーズ、ワイン、調味料と、オーナー自らが小規模な生産者が丁寧に作る食材を探してセレクトする徹底したこだわりぶり。店内の奥にある炭火グリルで焼くお肉もスペシャリテのひとつなので、ステーキが好きな人はぜひ。1階とがらりと雰囲気の違う2階のバーは、お酒をメインに楽しみたい人にも人気です。

平日は夜のみ、週末はランチタイムから夜までノンストップでオープンしています。アラカルトのメニューは、牛や羊肉のほか、鯛やオマールといったリュクスな食材がメイン。ボリュームもあり、繊細な味と盛りつけで、素材の良さを引き立てています。写真は、前菜:イワシをサンドしたトースト・柚子マヨネーズ、メイン:仔牛のロースト・焼きなす添え、デザート:マスカルポーネのホイップクリームタルト・ミントアイス・マンゴーでした。

日曜日は昼から16時までビュッフェスタイルのブランチ。チキンやローストビーフなどの温かい料理も揃いボリュームたっぷり。紅茶やコーヒーなどの温かい飲み物もおかわりできるので、日曜日の北マレの昼下がりを、ゆっくり過ごすのにおすすめです。

もうひとつの魅力は、日曜日もオープンしているということ!日本からの友達に、日曜オープンのレストランがないか?と聞かれた時に、このお店は必ずおすすめしています。大人数での予約もできるので、知っていると本当に重宝するアドレスです。

ちなみに、お店の名前はすぐそばにあるコンセプトストア「Merci」にかけてつけられたもの。まったく関係はないそうですが、茶目っ気があって面白いネーミングですよね。


Beaucoup / ボクー
7 rue Froissart 75003 (地区:
01 42 77 38 47
Saint Sébastien Froissart 8番線
月〜金 18:00〜24:00、土・日 12:00〜24:00
無休
VISA、MASTER
アラカルト 前菜8€〜、メイン19€〜、デザート11€〜/ブランチ(日曜)35€
http://www.beaucoup-resto.com


7 rue Froissart 75003

Tags

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)