Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

トリコロル・パリ : パリとフランスの旅行・観光情報 | May 26, 2018

Scroll to top

Top

フレンチ

No Comments

L’Office

L’Office

ここ数年、パリで人気のネオビストロ。お店の規模は小さいながらも、一流レストランで腕を磨いた若いシェフたちが活躍するレストランは、常に注目の的です。Charles Compagnon氏がオーナーを務めるL’Officeも、そんなネオビストロの1つ。店内は常連客で賑わい、スタッフとお客さんが気軽に会話をしたりと、活気があります。木のテーブル、カウンターと昔ながらのビストロスタイルを保ちながらも、シンプルなデザインのランプや絵画、BGMにはPOPな音楽が流れたりと、さりげないおしゃれセンスが光ります。



メニューは入口横の黒板に書かれ、前菜+メインまたはメイン+デザートの2品、前菜+メイン+デザートの3品、さらにチーズを加えた4品のコーススタイル(Menu)。前菜、メインは、各々3種類の中から好きなものを選ぶことができます(昼・夜同じメニューなので、ランチがお得!)。取材時の前菜は、赤と白のビーツを使った1皿。ローストされたヘーゼルナッツが香ばしく、シェーヴルチーズとオレンジのソースも爽やかで、初夏にぴったり。メインのメカジキは、ふっくらと焼かれ、中はジューシー。燻製トマト、生ハム、ムール貝を使ったコクのあるソースとの相性も抜群で、あっという間に食べ終わってしまいました。デザートは、イチゴのタルトとバジルのアイス。バルサミコ酢がバジルの風味を引き立て、最後まで工夫溢れる料理を堪能することができました。
なお、取材中も予約の電話が絶えないほどの人気ぶり。特に夜は予約がおすすめです(英語可)。
あまり観光には馴染みのないエリアですが、最寄り駅まではオペラからメトロで1本。肩肘張らずに食事を楽しめ、シャンゼリゼなどの繁華街とはまた違うパリの顔を発見できるでしょう。





L’Office / ロフィス
3 rue Richer 75009 (地区:
01 47 70 67 31
Bonne Nouvelle 8、9番線 Poissonnière 7番線 各徒歩3分
12:00〜14:00、19:30〜22:30
土、日、夏期休暇あり(2012年は7/26〜8/27)
VISA
昼Menu 2品(前菜+メイン、メイン+デザート)22€(夜28€)、3品(前菜+メイン+デザート)27€(夜34€)、4品(前菜+メイン+チーズ、デザート)32€(夜39€)


3 rue Richer 75009

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)