Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

トリコロル・パリ : パリとフランスの旅行・観光情報 | November 19, 2017

Scroll to top

Top

フレンチ

No Comments

Saturne

Saturne

シェフのスヴェン・シャルティエさんが「Saturne」をオープンしたのは2010年、なんと弱冠24歳のとき。10代半ばからキャリアをスタートする人の多い業界なうえ、パリの3ツ星レストラン「アルページュ」などの名店で修業を積んだとはいえ、やはり24歳で自らのレストランを開くのは、珍しいように思います。

ガラス張りの天井から自然光が降りそそぐ店内、ナチュラルな木のテーブルと椅子。旬のオーガニック食材の美味しさを前面に出した料理。壁一面に並べられた自然派ワインへのこだわり…「SATURNE(土星)」のアルファベットを入れ替えると「NATURES」となるように、このレストランのテーマは「自然」です。

昼は3品か6品、夜は6品またはデギュスタシオンの決められたコースのみで、その日仕入れた食材次第で毎日メニューが変わります。ひと皿ひと皿に使われる食材の数は多くはなく、それぞれの素材の味を活かすよう、できるかぎりシンプルに調理されている印象。いわゆるどっしりとしたフレンチに慣れている人にはちょっと物足りなく感じられるかもしれませんが、逆に日本人の舌にはしっくりくる、軽くて優しい味わいです。

たとえば、ある日のメニューはこんな感じ。

=====
前菜
バスク地方の鱒/グリーンピースのヴルーテ/羊乳のヨーグルト&西洋わさび
または
牛肉のタルタル/キャプシーヌの葉&ラムソン(フランスでは熊のニンニクと呼ばれる野草)/バスク地方のアンチョビ
または
表面をさっと焼いた鰹/ニンジン/キンカン/柑橘のオランデーズソース

メイン
ブルターニュ地方のポラック(鱈科の魚)/モリーユ茸&ホワイトアスパラガス/コック貝
または
サルト地方の雌鶏/アンティーブ/紫のアロッシュ(野草)
または
シャラン鴨/アンティーブ/紫のアロッシュ(野草)

デザート
マンダリン/シェリー酒のクリーム/クルミ
または
イチゴ/アーモンド/ゼラニウム&タイム&レモン
または
チョコレート/蕎麦/ヘーゼルナッツ&干し草

=====

このお店の重要なエレメントのひとつが、ナチュラルワイン。ワインリストも充実していて、その厚みに驚きます。シェフと共にこの店をオープンしたソムリエ、エワン・ルモワーニュさんが厳選した自然派ワインはグラスでもOKなので、ぜひ味わってみましょう。

オープンして数年はとりわけ話題になっていて、なかなか予約がとれない状態。ずっと行ってみたいと思いながらも、行けないままでしたが、ようやく今回、訪れることができました。今年2月に発売された2016年ミシュランで1ツ星を獲得、ますます波に乗るお店ですが、一時のブームが良い意味で過ぎ去り、予約も比較的とりやすくなったようなので、今がチャンスです。(公式サイトでオンライン予約できて便利です)


Saturne / サチュルヌ
17 rue Notre-Dame des Victoires 75002 (地区:
01 42 60 31 90
Bourse 3番線 徒歩1分
月〜金 12:00〜14:30、20:00〜22:30
土、日
VISA, MASTER
昼3品45€、6品75€、夜6品75€、ワイン付きデギュスタシオン140€
http://www.saturne-paris.fr


17 rue Notre-Dame des Victoires 75002

次の記事

次の記事はありません

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)