Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

トリコロル・パリ : パリとフランスの旅行・観光情報 | July 20, 2018

Scroll to top

Top

ブログ

No Comments

トリコロル・パリの新しいパリのガイドブックが発売されました!

トリコロル・パリの新しいパリのガイドブックが発売されました!

曜日別&地区別 かんたんパリ歩き』が発売されました!かわいい水色のドットが目印です!気がつけば、前作の『とっておきのパリごはん』から1年ぶりの新刊になります。



普段の生活で、曜日を軸に計画を立てることって多くありませんか?その曜日感覚をパリ旅行でも生かせたら、より便利かもしれない!という思いつきから、〈曜日別〉という企画をスタートさせたのですが、・・・いざ、実現するとなるとかなり難しく、この本を形にするまでは予想以上の時間がかかってしまいました(汗)。

現在、パリからTGVで2時間の地方都市に暮らしているもので、以来、久しぶりにパリに出かける際はなんとか無駄を少なくスムーズに滞在したいと考えるようになり、計画を練る気合いの入れっぷりは、旅行者さんとほぼ同じ感覚なんです、ほんとに。例えば、閉まっているお店が多い日曜、月曜はまず避け、レストランも混みやすい土曜日は避ける。火曜日は休館している美術館が多いから、それも避けるとなると、水、木、金しか残っていない!とはいえ、うまい具合に毎回平日の火〜金には行けないので、 月曜に到着したら、午後オープンのお店や営業しているレストランを探して、月曜日も無駄にならないようにプランを立てます。

また、今回トリコロル・パリ初めての試みとして、おススメの〈モデルコース〉を曜日ごとに2つずつ紹介しています。メトロも乗り換え無しの直通を心がけ、時間ロスの少ない、そしてぜひ足を運んでほしいポイントをおさえたコースになっていると思いますので、ぜひご参考にしてください。
3日間でパリの有名観光スポットとパリらしいお店をめぐる〈パリを3日間でめぐる弾丸コース〉も提案していますので、お見逃しなく〜。
もちろん、パリを歩くには欠かせない〈地区ごと〉の紹介もあります。私たちが実際に足を運んでセレクトしたお店やレストラン、カフェ、サロン・ド・テは、地区別で提案していますので、曜日と地区を上手に組合わせてパリ計画を楽しみながら練ってくださいね。

こんな感じで、『曜日別&地区別 かんたんパリ歩き』を読みながら、〈パリに暮らす曜日感覚〉を身につけていただいて、スムーズなパリ旅行を実現させていただけるとうれしいです!

brooch-636x310

ちなみに、ピエブックスのオンラインショップからご注文された先着30名様に、ヴァンヴの蚤の市で見つけた「ハリネズミのブローチ」をプレゼントしております。あと残りわずかとのこと。 本日(11月8日)プレゼントを締め切りましたのでご了承ください。
ヨーロッパでは幸運の印としてよく目にするハリネズミのモチーフ。私はこのハリネズミちゃんを、ベレー帽やコートにつけてパリの街を歩きたいと思います♪

『曜日別&地区別 かんたんパリ歩き』紹介ページ(本の中身をご覧いただけます)

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)