Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

トリコロル・パリ : パリとフランスの旅行・観光情報 | June 16, 2019

Scroll to top

Top

ブログ

No Comments

フランス人が国内で一番住みたい都市は…?

パリはもちろんのこと、フランスには数多くの魅力的な都市がありますが、実際のところ、フランス人が一番住みたいと願う街はどこなのでしょうか?




最新の調査結果によれば、19%の得票で1位に輝いたのは、ボルドー(Bordeaux)でした。気候が温暖で海(大西洋)にも山(ピレネー山脈)にも近いことが最大の理由のようですが、おいしいワインと料理が楽しめそうというイメージもありますよね。

2位は南仏の街、モンペリエ(Montpellier)で15%。ここも海も山もある良いところ。旧市街には木陰のカフェテラスで一杯楽しめるような小さな広場がいくつかあり、南仏感を満喫できる街です。車で少し行けば砂浜のビーチも。

同率3位のひとつめはトリコロル・パリ読者の方にはおなじみの(?)ナント(Nantes)で12%。ここも海から近い…トリコロルの荻野も住んでいるこの街はパリからTGVで2時間半弱で行けて、見どころも多い楽しい街ですよ。私たちの本『曜日別&地区別 かんたんパリ歩き 近郊の街と日帰り旅行』で詳しくご紹介していますのでぜひチェックを!





同率3位のふたつめは南西部のトゥールーズ(Toulouse)で12%。ここも比較的、海にも山にも近いですね。オレンジや赤のれんがで作られた建物が多いため「Ville Rose バラ色の街」とも呼ばれる美しい街です。

もうおわかりですね。フランス人はやっぱり海の近くが好き…。西のほうか南のほうが好き…。でもそれ以外にも、これらの都市に共通する特徴があります。

●バリエーションに富んだショッピングが楽しめる中心街がある。
●大学があって学生が多い。
●路面電車(トラム)が走っている。
●カルチャーシーンが充実している。(美術館、演劇、オペラ…)

それにしても、こういうアンケート結果に「パリ」が上位で出てきたためしがないのも面白いです。地方のフランス人にとって、パリは大気汚染がひどくて狭くてゴミゴミしている街でしかないのかもしれませんが、それでも私はパリが好き!

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)