Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

トリコロル・パリ : パリとフランスの旅行・観光情報 | October 22, 2017

Scroll to top

Top

フランスのイベント

No Comments

「着物・オ・ボヌール・デ・ダム」展

「着物・オ・ボヌール・デ・ダム」展

ヨーロッパ最大の東洋芸術美術館、ギメ美術館で、日本が誇る「着物」の展覧会が始まりました。江戸初期、1611年に創業した松坂屋呉服店(のちに百貨店)が保有する、江戸時代の着物など150点ほどが、これほどの大規模な形では初めて海外で公開されます。小袖、能装束、振袖、陣羽織、能面、屏風など、そのどれもが歴史のある貴重な品々ばかり。さらに、高田賢三、コシノジュンコ、ヨージヤマモト、イヴ・サンローラン、ジャン=ポール・ゴルチエ、ジョン・ガリアーノなど、着物に影響を受けた現代のデザイナーたちの作品も展示されています。
パリの美術館で、日本の伝統を再確認するというのも嬉しいものですね!


「着物・オ・ボヌール・デ・ダム」展 / Kimono, Au bonheur des dames
ギメ東洋美術館
2017年2月22日〜5月22日
月、水〜日 10:00〜18:00
火、5/1
6 place d'Iéna 75116 (地区:
Iéna 9番線
常設展+企画展 通常9.5€、割引7€
http://www.guimet.fr/fr/expositions/expositions-a-venir/kimono-au-bonheur-des-dames


6 place d'Iéna 75116

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)