Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

トリコロル・パリ : パリとフランスの旅行・観光情報 | October 22, 2017

Scroll to top

Top

日本のイベント

No Comments

〈映画〉ボンジュール、アン

〈映画〉ボンジュール、アン

フランシス・フォード・コッポラの夫人、ソフィア・コッポラの母として、そしてスタッフとしてコッポラ家を陰で支えてきたエレノア・コッポラ。アーティストとしても輝かしいキャリアを持つ彼女が、長編映画監督&脚本デビューした作品『ボンジュール、アン』が7月7日に日本公開になります!

まさにそのジャパンプレミアが6月6日、TOHOシネマズ日本橋で行われ、エレノア監督と、キャストのダイアン・レインが舞台挨拶を行いました。

仕事ばかりで家庭には無頓着な夫を持つ1人の女性が、子育ても落ち着きはじめ、人生の一区切りを迎えようとしていた頃、思いがけないパリへの旅を通して、自分自身を見つめ直し、人生の喜びや幸せを新たに発見することとなる…というストーリーは、エレノア・コッポラが自身の体験をもとに書いたもの。

主演のダイアン・レインのにじみ出るような美しさ、そして、美味しい食事やワイン、コート・ダジュールの美しい景色や遺跡など、フランスの魅力もぎゅっと詰まった映画です。カンヌからパリへのドライブ気分を味わいにぜひ映画館へ!




==STORY==
アン(ダイアン・レイン)は人生の岐路に立っている。長年連れ添った映画プロデューサーの夫(アレック・ボールドウィン)は、成功を収めているが妻には無頓着。ある日、夫の仕事仲間(アルノー・ヴィアール)と共に、カンヌからパリへ車で向かうことになる。ただの7時間のドライブのはずが、美しい景色、おいしい食事とワイン、ユーモアと機知に富んだ新たな発見の旅となり始める。
=======

アン役には『運命の女』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』でも献身的に家族を支えるトランボの妻を見事に演じきったダイアン・レイン。その他、俳優のみならず監督・脚本家としてもフランスを中心に活躍しているアルノー・ヴィアール、舞台・映画・テレビと幅広く活躍する多才なアレック・ボールドウィンなどが脇を固めています。




『ボンジュール、アン』
監督・脚本:エレノア・コッポラ
出演:ダイアン・レイン、アルノー・ヴィアール、アレック・ボールドウィン他
原題:Paris can wait/2016年/アメリカ映画/92分
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
公開:2017年7月7日(金)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
オフィシャルサイト

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)