Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

トリコロル・パリ : パリとフランスの旅行・観光情報 | October 22, 2017

Scroll to top

Top

美術館・博物館

No Comments

イヴ・サンローラン美術館

イヴ・サンローラン美術館

2008年に惜しまれつつ亡くなったイヴ・サンローランが1974年から2002年のおよそ30年間にわたって本拠地として制作活動を行い、その後はピエール・ベルジェーイヴ・サンローラン財団の本部となっていたマルソー大通りの美しい建物が改築され、イヴ・サンローラン美術館が10月3日にオープンしました。

デスクにはたった今外したばかりのように眼鏡が置かれ、椅子には仕事着がかかっていて、足元には愛犬の食器まで…今にもイヴ・サンローラン本人がふらっと姿を現しそうなくらい忠実に、仕事場のアトリエを再現。サンローランのインスピレーションの源として、モロッコをはじめとする世界への旅や、ピカソやマティス、モンドリアンなどの芸術家たちの作品とのつながりを紹介。「スモーキング」「サファリルック」「ジャンプスーツ」「トレンチコート」をはじめ、サンローランが生み出した伝説のスタイルの数々、アクセサリーやデザイン画、写真などさまざまな展示を通して、イヴ・サンローランの功績、そして20世紀オートクチュールの輝かしい歴史を紹介する内容となっています。

イヴ・サンローランの公私にわたるパートナーとして彼を長年支え続け、この美術館のプロジェクトにも尽力したピエール・ベルジェは残念ながら開館を待たずに先月亡くなりましたが、イヴ・サンローランの遺産を後世に伝えたいという彼の遺志は未来に受け継がれてゆくことでしょう。













Musée Yves Saint Laurent Paris / イヴ・サンローラン美術館
5 avenue Marceau 75116 (地区:/
01 44 31 64 00
Alma Marceau 9番線
火〜日 11:00〜18:00(金〜21:00)
月、1/1、5/1、12/25
10€、10〜18歳 7€、9歳以下無料
https://museeyslparis.com
不可


5 avenue Marceau 75116

次の記事

次の記事はありません

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)