アンヴァリッド/エッフェル塔

Miss Marple

2016年の春にオープン以来、じわじわと評判が広がっている「Miss Marple」。かのマリー=フランス・コーエンさんが関わっていると聞けば、そのセンスの良さにも納得です。実はこの方、世界中のセレブから愛される子供服ブ…

David Toutain

私たちが『パリジェンヌのスタイルある暮らし』で2014年にご紹介したあと、2015年版ミシュランで1ツ星を獲得した注目のレストラン「David Toutain」。 パリの3ツ星「アルページュ」を始め、たくさんの名店で経験…

Clover

アラン・デュカスのもとプラザ・アテネで経験を積み、ホテル・ドゥ・クリヨンの2ツ星レストランでシェフを務め、ついに2008年独立して、パリでも屈指のグルメ街であるサン・ドミニック通りに開いたレストランが2ツ星を獲得。さらに…

Lemoine

外はこんがり香ばしく、中はしっとり黄金色。口に広がる上品なバニラの香りがたまらないお菓子といえば、ボルドー地方の名産、カヌレ!そしてパリで一番おいしいカヌレといえば、なんといってもルモワンです。トリコロル・パリの本では何…

Catherine Loiret

エッフェル塔界隈随一のグルメ通りとして知られるサン・ドミニック通りから、1本入った静かなアメリ通りに佇む「カトリーヌ・ロワレ」。他人とは同じバッグを持つのはイヤ、というこだわりを持つパリジェンヌたちから支持されるバッグ・…

Duvelleroy

華やかなヨーロッパの宮廷の女性たちに不可欠だったアクセサリーのひとつが、扇子です。美しいドレスを身にまとった貴族の女性たちが扇子を手にする姿はさまざまな映画や漫画でも描かれていますね。 1827年ジャン=ピエール・デュヴ…

「日本、家の列島」展

Maison KN par Kochi Architect’s Studio © Jérémie Souteyrat セーヌ川をはさんでエッフェル塔の美しい姿が眺められるトロカデロ広場のシャイヨ宮にある建築遺…

エッフェル塔のスケートリンク

今年もエッフェル塔の1階、地上57メートルにアイススケートのリンクが登場しました。期間は12月8日〜2月15日まで。エッフェル塔に登る通常の料金を支払えば、スケートリンクは無料で利用できます。シューズはすべて無料で貸し出…

Centre Commercial BEAUGRENELLE

時間に限りのある旅行者にとって、洋服、グルメ、雑貨、おみやげと、色々なアイテムがずらりと揃うデパートはパリのショッピングには外せない便利な場所。とはいえ、いつも混雑しているのがちょっと難点。週末やクリスマスの季節ともなる…

アンヴァリッド-軍事博物館

黄金のドームが美しいアンヴァリッドは、ルイ14世の命で傷病兵を看護する施設として17世紀に建設されました。この中に設置された軍事博物館には、古代から現代までの武器や軍事品を鑑賞できる展示スペースや、庭の大砲コレクション、…

エッフェル塔

1889年にパリで行われた第4回万国博覧会のために、当時の最先端技術を駆使してギュスターヴ・エッフェルにより建設された「鉄の貴婦人」エッフェル塔。万博終了後、解体の危機もまぬがれて、今では年間700万人近い人が訪れる、パ…

Mori Yoshida

パリ左岸、アンヴァリッドからほど近い閑静なエリアに、今年の4月、日本人パティシエによるMori Yoshidaが誕生しました。シェフ・パティシエの吉田守秀さんは、パークハイアット東京などを経て、すでに静岡で自身のパティス…

ケ・ブランリー・ジャック・シラク美術館

エッフェル塔とシャンゼリゼ大通りの間、セーヌ川のほとりに建ち、オセアニア、アジア、アフリカ、アメリカに焦点を当てた美術館。アジアやアフリカの民族芸術に造詣の深いシラク元大統領の肝いりで完成したこともあり、ジャック・シラク…

パリ下水道博物館

工事のため2020年春まで休館中 セーヌ川沿い、アルマ橋のたもと(左岸側)にある博物館。エッフェル塔に見とれながら歩いていると、思わず通り過ぎてしまいそうな地味な入口ですが、地下は広く、実際に使われている下水道の一部を公…

Pottoka

有名なビストロが建ち並ぶサン・ドミニク通りから、ひとつ小道に入ったところにあるビストロ。バイヨンヌ出身のシェフ、セバスチャン・グラヴェ(Sébastien Gravé)さんとダヴィッド・ボトロー(David Bottre…

ロダン美術館

アンヴァリッドや官公庁がある、閑静なエリアにある美術館。「考える人」で有名なロダンがアトリエ兼邸宅として使っていたビロン館を、1919年美術館として公開しました。 中に入るとチケット売り場、その奥にミュージアムショップが…