Samaritaine

セーヌ川にかかるポン・ヌフ橋とリヴォリ通りの間に1870年に創業した「Samaritaine(サマリテーヌ)」は長年パリ市民に親しまれた老舗のデパートでした。2001年にLVMHグループが買収したものの、建物の安全性の問題で惜しまれつつ2005年に閉店。それから16年に及ぶ改修工事を経て、商業施設に加え、オフィス、保育園、住宅、ホテル、スパのある複合施設としてついに2021年6月23日、リニューアルオープンしました。




歴史的建造物指定を受けているこの百貨店の建築を尊重したポン・ヌフ館、新たに建てられたリヴォリ館に分かれています。ポン・ヌフ館のメインエントランスであるモネ通り(rue de la Monnaie)にあるファサードは、1911年に完成したアール・ヌーヴォー様式の装飾が華やかです。

ポン・ヌフ館の最大の見どころは、鉄とガラスで造られたアール・デコ様式の天井と階段の美しさ!

最上階(5階)ではガラス天井から入る明るい日差しのもと、美しい装飾をゆっくり鑑賞することができます。ここには1日中開いているバー&レストラン「Voyage」もあります。

デパートの売場面積20000㎡と、パリの他店よりも小さめですが、よりセレクトされた品揃えという印象です。ポン・ヌフ館はラグジュアリーブランド、クリエイターズブランド、時計やジュエリーがメイン。

地階にはヨーロッパ最大のビューティー&コスメ売場があります。

同じく地階には、Dalloyau(ダロワイヨ)のシェフ・パティシエがサマリテーヌのために生み出した宝石のようなパティスリー「L’Exclusive」が。

ここはポン・ヌフ館でもリヴォリ館に近いエリア。

地階のエスカレーター横は、定期的にテーマが変わるスペース。8月末まで「旅」や「流浪」をテーマにしたルイ・ヴィトンのコレクションが置かれています。

館内に飲食スペースが点在しているのも新サマリテーヌの特徴。ガラス屋根から明るい日差しの入る、このスペースはDalloyau(ダロワイヨ)がプロデュースするフィンガーフード&ティールーム「Dinette」。

リヴォリ通りに面するリヴォリ館は日本の建築ユニットSANAAが設計を手がけました。波打つような透明のファサードはぐっとモダンな印象で、クラシックなポン・ヌフ館との対比が面白いですね。

リヴォリ館はより若い世代をターゲットにしたストリート&アウトドア系のブランドがメイン。

地上階には10月末まで、ギャラリー・ペロタンによるアートなスペースが広がります。

地階エスカレーター横には、パリの人気エピスリーのカフェ「Petit Plisson(プチ・プリソン)」が手がけるカフェ・レストラン「Parisienne(パリジェンヌ)」。

地上階にはカラフルでユーモアのあるパティスリー「Bogato(ボガト)」が手がける「Sweet Corner」。リヴォリ館にぴったりなポップさ。

最後にご紹介するのはセーヌ川から見えるファサード。こちらは1928年に完成したアール・デコ様式の建物。ここには高級ホテル「Cheval Blanc」が2021年9月開業予定です。

地上階にはコンセプトストア「Boutique Loulou(ブティック・ルル)」が登場。サマリテーヌのオリジナルグッズはもちろん、ステーショナリーや本、雑貨からフードまで、センスの良いアイテムが見つかり、パリのおみやげ探しにも良さそうです。

美しく修復された歴史あるファサード、アール・デコのガラス天井、厳選されたアイテム、充実したレストラン&カフェなど、新しく生まれ変わったサマリテーヌは期待を裏切りません。モザイクや曲線の使い方など、内装のさまざまなディテールにもこの百貨店の長い歴史へのリスペクトを感じさせてくれてグッと来ました。パリで必ず訪れるべき場所がまた1つ、増えましたよ。






INFORMATION

Samaritaine Paris Pont-Neuf - サマリテーヌ・パリ・ポン・ヌフ

住所パリの地区マップ
9 rue de la Monnaie 75001 (地区:シャトレ・パリ市庁舎 )
TEL
01 88 88 60 00
最寄り駅メトロ路線図
Pont Neuf 7番線、Louvre Rivoli 1番線
営業日
毎日10:00-20:00
定休日
無休(1/1は休み)
カード
Visa, Master, Amex
https://www.dfs.com/fr/samaritaine
他店舗
-

No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published.