美術館&モニュメント

〈カタコンブ〉パリの地下に広がる異世界

何百年も前からそこに立つ教会や建物、すり減った石畳……パリの街のいたるところに、長い時を重ねてきた証がありますが、地面の下にも、パリの歴史は広がっています。パリの地下は、何世紀にもわたり、建築材料の石を切り出す採石場でし…

プランタンの舞台裏ツアー

1865年に創業した歴史あるデパート「プランタン Printemps」では、「プランタンの舞台裏 地下からクーポールまで」と題して、通常は公開していない歴史的な建築、隠されている階段、地下3階の秘密の扉、ステンドグラスの…

アトリエ・デ・リュミエール

2018年春、パリで初めてのデジタルアートの美術館「アトリエ・デ・リュミエール(光のアトリエ)」が、パリ11区、バスティーユとレピュブリックにはさまれた庶民的な界隈に誕生しました。 かつて鋳造で栄えた廃工場だったというス…

イヴ・サンローラン美術館

2008年に惜しまれつつ亡くなったイヴ・サンローランが1974年から2002年のおよそ30年間にわたって本拠地として制作活動を行い、その後はピエール・ベルジェーイヴ・サンローラン財団の本部となっていたマルソー大通りの美し…

サクレ・クール寺院

パリで一番高いモンマルトルの丘にそびえるサクレ・クール寺院は、大きなドームが特徴的な白亜の教会堂。「Sacré Coeur=聖なる心」を意味し、ロマネスク様式とビザンティン様式で建設された荘厳なバジリカ大聖堂です。187…

サント・シャペル

セーヌ川に浮かぶシテ島に位置するサント・シャペルは、世界でも随一の美しいステンドグラスを持つゴシック建築の教会堂として知られます。ルイ9世が1239年から収集しはじめた聖遺物を収めるために建設を命じ、4〜6年ほどの工事期…

ルイ・ヴィトン財団美術館

ルイ・ヴィトンを筆頭に、数多くの高級ブランドを保有するLVMH グループのCEO、ベルナール・アルノーは、フランス一の、そして世界でも5本の指に入る大富豪。彼が個人的に収集したコレクションと、ルイ・ヴィトン財団所蔵作品な…

ヴィラージュ・ロワイヤル

マドレーヌ広場からコンコルド広場にのびるロワイヤル通りには、「王家の通り」というその名にふさわしく高級宝飾店が軒を連ねます。この通りの25番地に、これまた「王家」の名のついた小さなパッサージュの入口があります。18世紀に…

ピカソ美術館

大規模な改修工事を経て2014年10月25日に再オープンするピカソ美術館。「サレ館」と呼ばれる17世紀に建てられた美しい建物に、5000点ものピカソの名作(絵画、デッサン、版画、彫刻など)が集められた、一人のアーティスト…

オペラ・ガルニエ

建築家シャルル・ガルニエの設計で1875年に落成したオペラ座(歌劇場)、オペラ・ガルニエ。ネオ・バロック様式の華やかな建築で、まさにパリを代表するモニュメントのひとつです。このオペラ座を頂点に、ルーヴル美術館に向かって延…

マドレーヌ寺院

オペラ・ガルニエとコンコルド広場の間、まさにパリの中心に立つマドレーヌ寺院。フランス革命以前に建設が始まったものの、歴史に翻弄され、目的を変えながらも19世紀に完成しました。コリント式の柱が52本立つその姿は古代ギリシャ…

ラパン・アジル

フランス語の「シャンソン chanson」は英語の「song」同様、「歌」というニュートラルな意味の単語ですが、日本での「シャンソン」は特別な意味のある言葉ですね。一般的に、1960年くらい以前に流行したフランスの歌謡曲…

セルジュ・ゲンズブールの家

在りし日のセルジュ・ゲンズブールがジェーン・バーキンと暮らし、3人の娘たち(ケイト・バリー、シャルロット・ゲンズブール、ルー・ドワイヨン)が育った家が、今もパリ市内に残っています。現在の所有者は、娘のシャルロット。 19…

サン・シュルピス教会

サンジェルマン・デプレ教会から少し南に下がった場所、美しい噴水のある大きな広場に、サン・シュルピス教会がそびえています。 17世紀に建設が始まり、完成したのは19世紀。左右の大きな塔が特徴的な教会です。内部には18世紀の…

ノートル・ダム大聖堂

現在修復のため閉鎖中 セーヌ川に浮かぶシテ島に、中世の昔からパリの移り変わりを見守ってきたノートルダム大聖堂があります。1163年に工事が始まり、1345年に完成したこのローマ・カトリック教会の聖地は、21世紀の今も世界…