Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

トリコロル・パリ : パリとフランスの旅行・観光情報 | November 24, 2017

Scroll to top

Top

パリ旅行の基本情報

2 Comments

パリのメトロ(地下鉄)・RER・バスの切符、乗り方について

パリのメトロ(地下鉄)・RER・バスの切符、乗り方について

パリのメトロ(地下鉄) 切符の料金と種類

(2017年8月現在の料金)最新情報はRATPオフィシャルサイト(英語)をご確認ください。パリのメトロの乗り方やコツなどの情報もご紹介します。



Ticket T+

パリ市内のすべての駅に使える一律料金の通常切符。最初の改札から下車駅の改札を出るまで好きなだけ乗換え可能。一度に10枚購入するカルネが割安。
1枚 1,90€ / カルネ(Carnet 10枚) 14,9€
カルネ(10枚)子供料金(4〜9歳) 7,45€
バス乗車時の購入1枚 2€(乗換え不可)


Billet “Origine-Destination” Ile de France

パリ市外への切符で購入時に乗車&下車駅を選択して購入するため、目的地によって料金が異なる。*日本のように下車駅で清算できるシステムがないため、必ず乗車の際に下車駅を選んで正しい料金の切符を買うこと。間違った切符だと下車時に改札を通れず、罰金を支払わされます。*
《この切符が必要な主な観光スポットへの片道料金》
パリ市内〜ヴェルサイユ宮殿 大人3,65€/子供1,8€
パリ市内〜シャルル・ド・ゴール空港(ロワッシー空港) 大人10,3€/子供3,8€
パリ市内〜ディズニーランドパリ 大人7,6€/子供3,8€






Mobilis モビリス 乗り放題1日券

好きなゾーンを選択できる乗り放題1日券でその日の24時まで有効。子供料金はなし。最初の改札を通す前に自分で氏名と利用日を記入。どのゾーンまで行く予定があるか事前に把握している必要はあるが、1日でガンガン乗りたい人にはおトクかも。
◉使用時には必ず名前(Nom=姓 Prénom=名)と日付(Valable le XX=XXに使用日)をアルファベットで記入すること!未記入だと検札の際に罰金を課されることがあります。
→最新の金額等の詳細はこちらの英語サイトで

ゾーン1〜2:7,50€
ゾーン1〜3:10,00€
ゾーン1〜4:12,40€
ゾーン1〜5:17,80€(ただしシャルル・ド・ゴール空港へは利用不可)


Paris Visite パリ・ヴィジット 乗り放題1〜5日券

ゾーン1〜3または1〜5、1日、2日、3日、5日の好きなゾーンと日数を選択できる乗り放題乗車券。パートナー提携する美術館や観光スポットの割引を受けられる。子供料金もある。最初の改札を通す前に自分で氏名と利用日を記入。
パートナー例:凱旋門25%オフ、モンパルナスタワー屋上25%オフ、ピカソ美術館2,5ユーロ割引、パンテオン22%オフ、バトー・パリジャン5ユーロ割引、ギャラリー・ラファイエット10%オフ&プレゼントなど。詳しくはこちらのPDFを確認してください。
◉◉使用時には必ず名前(Nom=姓 Prénom=名)と日付(○ Jours du XX au △△=XXに開始日、△△に終了日、○=有効日数)をアルファベットで記入すること!未記入だと検札の際に罰金を課されることがあります。

《ゾーン1〜3・パリ市内》
1日券:大人12€/子供6€
2日券:大人19,5€/子供9,75€
3日券:大人26,65€/子供13,30€
5日券:大人38,35€/子供19,15€
《ゾーン1〜5・パリ市外》
こちらのゾーンはヴェルサイユ宮殿、ディズニーランド・パリ、シャルル・ド・ゴール空港、オルリー空港を含みます。
1日券:大人25,25€/子供12,6€
2日券:大人38,35€/子供19,15€
3日券:大人53,75€/子供26,85€
5日券:大人65,80€/子供32,90€






Navigo Découverte ナヴィゴ 乗り放題1週間パス

ゾーン1〜5まで乗り放題の1週間パス。1週間とはいえ月曜から日曜までのため、週の途中から使用する際はおトク感が減るので注意。駅の窓口にて初めてパスを作る際、デポジットとして5ユーロの支払いと証明写真が必要。パスを持っている人はナヴィゴ専用の自動チャージ機でクレジットカードで1週間分支払いチャージすればOK。切符の出し入れの面倒がなく、空港やヴェルサイユ宮殿といった郊外にも利用できるので日数に関係なく、乗る回数や目的地によってはかなりトクになる。
ゾーン1〜5(月曜〜日曜):22,8€


パリのメトロ・RER・バスの切符のきほん

切符を利用できる乗り物
・メトロ ・バス ・RER(郊外電車) ・トラム ・モンマルトルの丘のケーブルカー

子供料金の年齢
4〜9歳まで割引料金(Tarif reduuit)が適応されます。

乗換え可能な組み合わせ
・メトロ⇆メトロ ・メトロ⇆RER* ・RER⇆RER* ・バス⇆バス ・バス⇆トラム ・トラム⇆トラム
*目的地のRER駅がパリ市外の場合は、駅名を指定した切符Le Billet “Origine-Destination” Ile de Franceを購入すること。

最初に切符を改札に通してからの有効時間
・メトロ〜メトロ、メトロ〜RER、RER〜RER間:改札後2時間有効
・バス〜バス、バス〜トラム、トラム〜トラム:改札後1時間30分

購入した切符の有効期限
基本的に改札を通していない切符の有効期限は定められていないので、カルネ(10枚)を購入して使い切らなくても、数年後にパリに訪れた際に利用できます。

切符の購入場所
・メトロ、RER駅の自動券売機で。支払いは小銭かクレジットカードでお札が使えないので要注意。
・稀にメトロ、RER駅の窓口にて駅員から購入できる場合もあります。
・ナヴィゴ(1週間パス)を初めて購入する際は窓口にて駅員から購入します。その後、1週間分のチャージをする際は、駅構内にあるナヴィゴ専用の自動チャージ機を使います。
・街中のカフェやタバコ屋さん(RATPの看板を掲げてある)
→ 切符の購入可能な場所のリスト




乗り方のコツや注意点
・乗車駅で切符を自動改札に通したら、下車駅の改札を出るまで何度でも自由に乗り換えができます(有効時間参照)。
・メトロ駅で下車する際は、切符を通す改札はなく「Sortie」と書かれた扉を抜ければOK。
・RER駅で下車する際は、切符を改札に通す必要があるので、パリ市外の駅の場合は正しい駅名・料金の切符を買っておく必要があります。
・メトロからRER、RERからメトロに乗り換える際は、RER駅の改札に切符を通す必要があります。
・バスとトラムは運転手席のある前のドアから乗車します。運転手席横にある改札機にチケットを挿入して刻印しましょう。
・コンコースで駅員が検札をしていることが頻繁にあるので、改札を通した切符は決して無くさないよう手に持っておくと良いでしょう。無くしてしまった場合、またパリ市外のRER駅に行く際に正しい料金の切符を持っていない場合は罰金を支払われますので注意しましょう。
・パリ市内(ゾーン1〜2)であればRERの駅であっても通常の切符Ticket T+を使用できますが、パリ市外のRER路線は必ず駅名を指定した切符Le Billet “Origine-Destination” Ile de Franceを買う必要があります。
例)ラ・デファンス駅(ゾーン3)は、メトロ1番線を利用する場合は通常の料金Tikcet T+でOKですが、RER A線を利用する場合はIle de Franceの切符を購入する必要があります。
・切符はクレジットカードやスマホなどの磁気の近くに置くと、改札を通れなくことがあります。その際は窓口にその旨を伝えて新しい切符を発行してもらいましょう。
・MobilisやParis Visiteは切符に自分の名前と使用開始日を自ら記載する必要があります。使用する際には必ず名前(Nom=姓 Prénom=名)と日付をアルファベットで記載しましょう。未記入だと検札の際に罰金を課されることがあります。

→ RATP パリのメトロの路線図
→ パリのメトロや街歩きで役立つフレーズがたくさん!トリコロル・パリの本『パリが楽しくなる!かんたんフランス語』

次の記事

次の記事はありません

コメント投稿

  1. ken

    ParisVisietやMobilis購入の際はくれぐれも有効期間と名前の記入をお忘れなく。
    Bastille駅の検札で記入忘れで罰金払わされたことあります(-_-;)

    • tricolorparis

      kenさん
      コメントありがとうございます。おっしゃる通りですね!
      確かに罰金を払わされる可能性がありますから
      こちらも追記いたします。
      どうもありがとうございました。

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)