20人の星付きシェフが和牛とコラボ!

日本産の純粋な和牛のおいしさをフランスでももっと広めたいと、日本畜産物輸出促進協議会が開催する和牛キャンペーンの記者会見が11月18日にパリ・凱旋門近くのホテルで行われました。




© Patrice Jacquemard

フランス各地のミシュラン1ツ星レストラン20軒のシェフが、和牛の美味しさを引き出した料理を考案。今年のクリスマスシーズンに、それぞれのレストランのメニューとして提供されます。

© Patrice Jacquemard

記者会見では次の3人のシェフが自らの和牛料理を実際に盛り付けて紹介。3人ともまったく異なるアプローチの料理ながら、どれも和牛の美味しさをしっかり引き立てていました。




シェフ:アドリーヌ・グラタール
レストラン:Yam’Tcha
<さつまいものスパゲティ、椎茸、和牛>
甘みのある脂身の多い和牛を、アジア風に醤油やお酢で味付けしてさっぱりと

© Patrice Jacquemard

シェフ:ロラン・ルマル
レストラン:La Coopérative
<和牛と牡蠣のキャンディ風、ビーツのジュレ>
牛肉と牡蠣を組合わせたオリジナリティある味。

© Patrice Jacquemard

シェフ:ディディエ・ゴワフォン
レストラン:La Huchette
<和牛胸肉のブルジョワ風>
肉汁で作ったソースが濃厚。まさに日仏の伝統が融合した味。

© Patrice Jacquemard

© Patrice Jacquemard

ちなみに20のレストランの中には日本人シェフのいるお店が3店ありました!
左から、パリのレストラン「Accents」の料理長ロマン・マイさん
同じく「Accents」のシェフ・パティシエ兼オーナーの杉山あゆみさん
ディジョンのレストラン「L’Aspérule」のシェフ木村圭吾さん、
パリのレストラン「Etude」の山岸啓介さん!

© Tricolor Paris

No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published.