〈フランス映画駄話〉『ミッドナイト・イン・パリ』をさらに楽しめる裏話


引用元:allocine.fr

Supported by 大塚製薬

フランス生まれの自然派ビスケット「ジェルブレ」の公式サイトで連載中のコラム「ジェルブレと楽しむフランス映画」、もうご覧いただけましたか?パリ愛がたっぷり詰まったジュネ監督&オドレイ・トトゥ主演の『アメリ』に続いて、第2弾はウディ・アレン監督の『ミッドナイト・イン・パリ』を紹介しています。ぜひチェックしてください!

→ 「ジェルブレ」公式サイトのコラム「ジェルブレと楽しむフランス映画」を読む。

そして、こちらの「フランス映画駄話」では、かなり個人的な感想を交えて、映画をさらに深掘りしていきたいと思います。まずは、あらすじと予告編から。

~ あらすじ ~
ハリウッドの売れっ子脚本家ギル・ペンダーは、小説家になるという長年の夢を捨てきれずに処女作の執筆に悪戦苦闘中。婚約者のイネスと共に、彼女の両親の出張に便乗する形でパリを訪れるが、高級レストランやホテルで、趣味も話題もことごとく合わない彼らと過ごす時間はギルにとって少し窮屈。ある晩、酔いにまかせてパリを歩きまわり、迷子になってしまったギルが途方に暮れていると、古めかしい車がやって来て誘われるがまま乗り込んでしまう。その車が行き着いた先は、彼が敬愛する過去の作家やアーティストたちが集う1920年代のパリだった。

『ミッドナイト・イン・パリ』予告編
引用元:映画配給会社ロングライド

ウディ・アレン監督、最大のヒット

以前からウディ・アレンの大ファンなのですが、歳を重ねても精力的に新作を撮り続ける監督のスピードに追いつけず、近年は見逃してしまった映画もいくつかありました。でも、この『ミッドナイト・イン・パリ』は、私の大好物であるタイムトラベルもので、しかもこれまた大好きなパリを舞台にしているというあらすじを聞いただけで、絶対に観なくては〜!と公開前からワクワクしたものです。2011年の第64回カンヌ国際映画祭オープニング作品として初上映され、数あるウディ・アレン作品の中で歴代1位のヒット作となりました。パリでのロケは2010年の夏に1ヶ月滞在して行われたそうで、10年経った今見返してみると、すでにその頃のパリにタイムスリップしたような気持ちになります。

神経質そうな主人公が哲学論を喋りまくる、ややこしそうな映画を撮るイメージが強いウディ・アレンですが、ミュージカルだったり、コメディだったり、心理サスペンスだったり、意外にもあの手この手で、テイストと技法を変えて色んなタイプに挑戦する多作の監督。『ミッドナイト・イン・パリ』は、監督自身も楽しく見られる作品と語っているだけあり、週末やほっとしたいひとときに、くつろぎながら楽しめる一本です。もちろんお供は、お気に入りのジェルブレですよね〜。

パリ好きなら涙する?!3分以上続く圧巻のオープニング
引用元:Woody allen pages

中年男の逆シンデレラ物語

深夜0時の鐘の音と共に、プジョーのクラシックカーが闇夜の中をやってきて1920年代のパリに運んでくれる…という、「逆シンデレラ」と呼びたくなる設定からしてワクワクします。とはいえ、「シンデレラ感」を際立たせるためか、映画の冒頭から婚約者や彼女の両親からバカにされ、(精神的な)ひどい仕打ちを受けまくっている彼があまりに可愛そう。ジェイムズ・ジョイスがシュークルートを食べた歴史あるブラッスリーである「リップ」に行きたかったのに、イネスの独断で急遽ヴェルサイユ宮殿の見学に変更されるくだりも、ギルに同情しちゃいます。趣味や興味があまりに違う相手との旅行は避けるべし、ってのは楽しく旅行するための鉄則だけど、婚約中なら尚さら、色々と考え直して良いレベルのすれ違いかもしれません。

タイムトリップの待ち合わせ場所はパンテオンに隠れるように佇むサン・テチエンヌ・デュ・モン教会

偶然パリで出会い、一緒に観光することになるイネスの友人ポールは、ソルボンヌ大学に歴史の特別講師として呼ばれて来たというインテリで、夢見がちなギルと対照的に描かれる地に足がついた立派な男性。彼がギルの孤立感をさらに増幅させる良い仕事をしてくれるのですが、「こんな人いるいる〜」というリアリティを感じさせるマイケル・シーンの演技が素晴らしくって、絶妙にイラッとさせられます。ロダン美術館で専属の見学ガイドを差し置いて、自分の知識をひけらかし始めた時点で、うわ、この人嫌いだわぁ…となりますが、さらにその情報が間違っていると指摘されても、自分が正しいと言い張るあたり、もう嫌悪です(笑)。それでも婚約者のイネスは、堂々としているポールの肩を持ち、ガイドさんのフォローにまわるジルをたしなめると言う理不尽さ。ほんと、声が大きい人が勝利する世の中は何とかならないものか。でも、このシーンのおかげで、ロダンが本当に結婚していたのはローズとカミーユのどちらなのか、自分で調べることが出来たので良しとしましょう。

ちなみに、見学ガイドを演じたカーラ・ブルーニは当時すでにニコラ・サルコジ大統領と結婚しており、ちょい役とはいえ、彼女がキャスティングされたことでフランスにおけるこの映画への注目度はぐんと高まりました。これもヒットに繋げるための監督の作戦だったのかなぁ、と思ったりして。さらに駄話として、この映画の撮影後、ポール役のマイケル・シーンとイネス役のレイチェル・マクアダムスは実生活で恋愛関係になりましたとさ。

サイを連発するダリは最高

シュルレアリスト三羽ガラス
引用元:mapa nesa

とにかく面白いシーンの連続なのですが、個人的に好きなのは、ダリ、ブニュエル、マン・レイのシュルレアリスト3人組に出会うカフェの場面。過去と未来の狭間で悩むギルに対して、いたって超現実主義的な回答を与えるマン・レイと、なんでも動物のサイに話をもっていくダリの不思議キャラの安定感が最高。ダリが描いてくれた(はずの)ギルのポートレート、未来に持って帰ったらものすごい価値だったろうなぁと夢想しています。

もうひとつは、当時、若き芸術家たちが集うサロンと化していた資産家で美術収集家のガートルード・スタインのアパルトマンを訪ね、ギルの処女作を読んでもらうくだり。あのキャシー・ベイツがスタインを演じているため、映画『ミザリー』がちらついて、小説のチェックをお願いして大丈夫なものかと心配になりました(笑)。ガートルードのパートナーだったアリスもちゃんと登場していたり、ピカソが描いた彼女の肖像画もばっちり壁に飾られていたり、彼女のアパルトマンは映画を静止してじっくりと見たくなっちゃいます。

今でもときめくフラッパーのファッション!

1920年代の女性たちのファッションもこの映画の魅力のひとつ。2つの世界大戦に挟まれた狂乱の時代に、アメリカやヨーロッパで流行した「フラッパー(Flapper)」の着こなしが多く登場します。ウエストのくびれがなく、ストンと平らな形のひざ丈ワンピに、耳の下で切り揃えたボブヘア、頭にぴったりフィットする帽子やヘッドドレスがフラッパーの典型的なスタイルで、劇中ではスコット・フィッツジェラルドの妻ゼルダやマリオン・コティヤール演じる美しいミューズ、アドリアナがカッコよく着こなしています。シャンパンゴールドのフリンジで飾られたタイプや、透ける素材の白い布に赤いラインが入っているワンピも可愛いですが、やっぱりブラックのレースワンピがしびれるほどクール!今見ると、十分にフェミニンな印象ですが、コルセットでウエストをきつく絞り、女性らしい腰とお尻のラインを強調していたそれ以前のロングドレスと比べると、かなり奇抜で、「男の子のような格好」と見なされていました。そのため、フランスでは、男の子(garçon ギャルソン)を無理やり女性形にした「ギャルソンヌ(Garçonne)」と呼ばれていました。
「フラッパー」はファッションの範疇を超えて、自由で独立した考えを持ち、性にも開放的な新しい女性の生き方を象徴するムーブメントでもありました。手入れが簡単なボブカットも、当時としてはかなり短く、活発な女性たちにぴったりのヘアスタイルだったわけです。ガートルード・スタインに至っては、ベリーショートなわけですから、いかに先進的な女性だったかが分かります。

一方、現代シーンでは、レア・セドゥ演じるガブリエルの着こなしがザ・パリジェンヌ!てろんとした素材のガーリーなミニワンピも、襟なしシャツの袖をまくり、ジーンズにインしたマニッシュなスタイルもどちらも最高。センターパーツのロングヘアも、ボサっとした感じが絶妙な塩梅。アメリカン・スタイル代表の婚約者イネスと比較しても、気取らないナチュラルなおしゃれは、やはりパリジェンヌが一枚上手かもしれません。

ウディ・アレンの教養の滝に打たれて修行する

ギルがある人の日記を偶然見つけるセーヌ河岸のブキニスト(古本市)

「ジェルブレ」公式サイトのコラムでも書きましたが、次から次へと登場する歴史上の人物や、彼らの作品にまつわるエピソードなど、息つくヒマもない知識の連打がものすごいんです。見終えたあとは、全身アザだらけ…というのは嘘ですが、それぐらい、ウディ・アレンの教養の千本ノックは強烈です。全部拾うのは無理ですし、その必要もないのですが、ちょっとだけ気になった人物や作品を自分なりに後から調べてみるのは楽しいですよね。

例えば、ギルがルイス・ブニュエルに対して「部屋から出られないブルジョワたち」の話をするのですが、これはブニュエルの1962年の作品『皆殺しの天使』への目くばせ。ブニュエルとダリが揃うシーンも、二人が作った衝撃作『アンダルシアの犬』を思い出さずにはいられません。イネスのパパが訪ねる「Agence Duluc デュリュック」は1913年からある実在の探偵事務所で、今もルーヴル通り18番地で営業しています。

ウディ・アレン映画に欠かせないジャズは、本作でも心地よいアクセントになっています。美しいパリの風景と共にフルで流されるオープニング曲は、アメリカ人ジャズ奏者、シドニー・ベシェの「Si tu vois ma mère(If you see my mother)」。晩年をパリで過ごしたベシェの曲は、アメリカとフランスのマリアージュが最高でした。過去のシーンでコール・ポーターがピアノを弾き語る「Let’s do it (Let’s fall in love)」は1928年のヒット曲。当時ブロードウェイで上演された「Paris」というタイトルのミュージカル作品のために作られたというから、この映画にぴったりの選曲ですね

コール・ポーターが歌うシーン
引用元:footflix

些細な疑問ではありますが、本編には登場しないゴッホの作品「星月夜」がポスターのビジュアルに使われているのも不思議です。才能に恵まれながらも、生前はあまり幸せとは言えない人生を歩み、フランスで亡くなったゴッホ。自分が生きている時代と上手に折り合いを付けることができずに苦悩した彼の作品と主人公ギルを並べることで、ウディ・アレンは何らかのメッセージを伝えたかったのかも…と感じます。

観賞後すぐ、私はヘミングウェイの「移動祝祭日」を読み直しました。パリでの暮らしが描かれているこの作品は映画と重なる部分が多く、特にフィッツジェラルドとの関係性など、以前とはまた違った角度から楽しむことができました。タイムトラベルの待ち合わせ場所である「サン・テチエンヌ・デュ・モン教会」は、ある意味マイナーな教会なので、なぜ選ばれたのか不思議に思っていたのですが、「移動祝祭日」の初っ端に登場することが分かり(すっかり忘れてた)思わず納得の声が漏れました。こんな風に、知っていると思っていたことすら、新しい目線でもう一度見直すことができ、ひとつの作品からまた別の作品へと、数珠つなぎに知識や世界が広がっていくという、映画体験の醍醐味が『ミッドナイト・イン・パリ』には詰まっています。

素敵なパリのスポットがたくさん

特別なことがなくても、セーヌや石造りの建築物を眺めながら散歩するのがパリの醍醐味のひとつ

どのシーンも、「パリで聖地巡礼をしてください」と言わんばかりのナイスなロケーション揃い。パリを愛するウディ・アレン、さすが分かってます!代表的な場所と住所は、ぜひ「ジェルブレ」公式サイトのコラムでチェックしていただきたいのですが、他にも、アレクサンドル3世橋、オランジュリー美術館、ホテル・ブリストル、ホテル・ムーリス、レストラン「ル・グラン・ヴェフール」、オードリー・ヘップバーン主演の『昼下がりの情事』にも登場するマルブランシュ通り17番地、ブルボン河岸、ジヴェルニーのモネの庭(パリから車で1時間半ほど)など、パリの観光スポットがたくさん登場します。ジェルブレのビスケットを食べながら、パリ気分を満喫してください!


→ジェルブレ公式サイト「ジェルブレと楽しむフランス映画Vol.2 ミッドナイト・イン・パリ」
→ジェルブレ公式サイト「ジェルブレと楽しむフランス映画Vol1. アメリ」

\トリコロルがパリの情報を週2回届けます!/
→ジェルブレ公式インスタグラム @gerble_jp

\トリコロルのお気に入りビスケットをチェック!/
→「フランスで見つけたおいしいもの」ジェルブレの「イチジク&ブランビスケット」

→ 〈フランス映画駄話〉パリ愛が詰まった『アメリ』をさらに楽しめる裏話


No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published.