シャンゼリゼ

「飛べ、漕ぎ出せ、旅に出ろールイ・ヴィトン」展

1854年から現在にいたるまで、ルイ・ヴィトンというフランスを代表するメゾンの歴史をたどる興味深い、しかも無料の展覧会がグラン・パレで始まります。 グラン・パレといえば、1900年の万国博覧会。このとき、ルイ・ヴィトンは…

雑誌「ELLE」70周年記念の展覧会

1945年、エレーヌ・ラザレフによりフランスで創刊され、現在も世界中で愛読されている女性ファッション誌「ELLE」が今年70周年を迎えました。これを記念して、グラン・パレ脇からFranklin D Roosevelt駅ま…

「ジャンヌ・ランバン」展

2014年に125周年を迎えたランバン(ランヴァン)は現存するフランス最古のクチュールメゾン。創業者であるジャンヌ・ランバンとこのブランドが歩んできた道のりを、100点もの貴重なドレスとともに紹介する初の回顧展がモード博…

Publicis Drugstore

シャンゼリゼ通りの凱旋門に一番近い場所、凱旋門に向かって左手にある大きなガラス張りの建物がピュブリシス・ドラッグストア。フランスを代表する広告代理店ピュブリシスの創業者がアメリカを訪れたとき、遅い時間まで開いていて生活に…

「バカラ クリスタルの伝説」展

1764年ロレーヌ地方バカラ村に誕生した小さなガラス工場から、世界中の王室の御用達としてフランスだけでなく世界を代表するクリスタル・ブランドへと成長したバカラ(Baccarat)。今年、創業250周年を迎え、プチ・パレの…

「カール・ラーション-スウェーデンの絵」展

1853年スウェーデンのストックホルムに生まれたカール・ラーション。温かい眼差しで人々の日常生活を描いたスウェーデンの国民的画家の回顧展がフランスで初めてプチ・パレで開かれています。スウェーデン国立美術館と、スンドボーン…