Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

トリコロル・パリ : パリとフランスの旅行・観光情報 | July 22, 2019

Scroll to top

Top

プリュス

One Comment

12ヶ月のパリジェンヌ

12ヶ月のパリジェンヌ

パリ在住の日本人イラストレーターMarine(マリン)さんが毎月トリコロル・パリに届けてくれる、街角のおしゃれなパリジェンヌを描いた素敵なイラスト。パリに暮らす女の子たちがどんなコーディネートをしているのか、今のパリの空気を感じさせてくれます。パリジェンヌならではのおしゃれテクを普段の着こなしに取り入れてみたり、「パリのお天気と服装カレンダー」とともにパリ旅行の荷づくりの参考にしてくださいね!
Marineさんプロフィールmarine-illustration.comInstagram




2019年7月 パリのパン屋さん近くにて



© marine illustration

40度近くまで記憶が上がり、寝苦しいほどの暑さを記録した6月末のパリ。7月になってようやく最高気温が30度を切り、過ごしやすい日が戻ってきました。



パリ在住日本人イラストレーターmarineさんから届いた7月のイラストは、おいしそうなバゲッドを小脇に抱えたパリジェンヌ。何と言っても目をひく華やかなピンク色のワンピースが1番のポイント。ウエストをキュッとリボンベルトで絞りメリハリをつけています。開襟シャツのレトロな雰囲気とぴったりのヴィンテージライクなラタンのバッグがシックな印象ですが、そこに敢えてちょっぴりハードなビジュー付きサンダルを合わせているところが個性的。ふんわりルーズにまとめたお団子ヘアが初夏のワンピーススタイルと相性抜群です。

→2019年7月のパリのお天気と服装カレンダーはこちらから
→2010年から現在までのパリの過去の月別天気・気温・服装はこちらから


2019年6月 パリ11区にて



© marine illustration

5月は例年に比べて肌寒い日が続き、いったいいつになったらブルゾンやジャケットを脱げるのか・・・と心配していましたが、5月末から6月頭にかけては最高気温30度を超える夏日のような暑さを記録しました。ちょうど5月30日の木曜日は、キリスト昇天祭(Ascension)の祝日で、翌日の金曜日を休みにして、週末と併せてちょっとした4日間の連休を楽しむ学校や会社も多かったようで、久しぶりのお天気に小旅行やお出かけをする人で毎日にぎわいました。カフェのテラスにも、ここぞとばかりに肌を出し、サングラスをかけて太陽を満喫するパリジャン、パリジェンヌがたくさん。やっぱり暖かくなると、服装もガラリと変えたくなりますね。




パリ在住日本人イラストレーターmarineさんから届いた6月のイラストは、パリ11区で見かけたパリジェンヌ。今年の流行である白のワイドパンツは爽やかでかっこいい印象の着こなしにぴったりです。ワイドなボトムスとのバランスを取るために、トップスはコンパクトにまとめ、ラフィア素材のバッグやメッシュレザーのシューズを合わせて、初夏らしい涼しげで抜け感のあるコーディネート。今年も引き続き編みかごやマルシェに持っていくようなパニエ、カゴバッグが人気なので、普段のファッションにもぜひ取り入れたいですね。

→2019年6月のパリのお天気と服装カレンダーはこちらから
→2010年から現在までのパリの過去の月別天気・気温・服装はこちらから


2019年5月 パリのメトロにて



© marine illustration

5月になりました!「En avril, ne te découvre pas d’un fil. En mai fais ce qu’il te plaît.」というフランスの古い言習わしがありますが、直訳すると「4月は糸1本も脱ぐな。5月は自分の好きなようにしなさい」という意味。4月はまだまだ肌寒いので油断をせずにきちんと着込んでいなさい、5月になったら好きな格好をすれば良い、という教えはつくづく正しいな・・・と毎年実感します。4月はブルゾンやコートが手放せませんが、5月になるとふっと春の気配に包まれ、コートやスカーフなしでも出かけられる日がぐんと増えます。




さて、パリ在住日本人イラストレーターmarineさんから届いた5月のイラストは、メトロで見かけたパリジェンヌ。春らしいやさしいピンク色のプリーツスカートにゆったりとした軽めのジャケットを合わせて、程よいリラックス感のあるコーディネートが魅力的です。差し色として大ぶりなグリーンのイヤリングでアクセントをプラスし、パリジェンヌの新定番とも言えるウェッジソールのエスパドリーユで着こなしを旬らしくまとめていますね。暖かいとはいえ、朝晩と日中の気温の高低差はあるので、朝早くから夜遅くまで1日中出かける時は、着脱が簡単なジャケットやパーカーを羽織っておくと便利です。

→2019年5月のパリのお天気と服装カレンダーはこちらから
→2010年から現在までのパリの過去の月別天気・気温・服装はこちらから


2019年4月 パリのメトロにて



© marine illustration

3月最後の日曜日にサマータイムになり、ぐんと日が長く春めいてきたパリ。日中はコートなしでも歩けるぐらいの陽気が続いていますが、朝晩はまだまだ肌寒く薄手のブルゾンやトレンチコートが活躍してくれます。




パリ在住日本人イラストレーターmarineさんから届いた4月のイラストは、メトロで見かけたおしゃれな女性。ベージュやブラックが定番のトレンチコートですが、あえて珍しいグリーンをチョイスするところが個性的。ミッドシーズンが長いフランスではトレンチのような薄手のコートが手放せないので、2着目のトレンチとしてこんなカラーを持っていると楽しいかもしれません。インナーには赤いニットを選んでコントラストをつけ、ボトムはさらにブルーのワイドパンツを合わせるカラーコーデは上級者です。チェーンバッグとヒールブーツ、そしてオールバックのヘアスタイルで大人なパリジェンヌのお手本のような着こなしです。

→2019年4月のパリのお天気と服装カレンダーはこちらから
→2010年から現在までのパリの過去の月別天気・気温・服装はこちらから


2019年3月 パリの街角にて



© marine illustration

2月後半にはポカポカ陽気が続き、さてはこのまま春が訪れてくれるのか・・・と願っていたのですが、そんな淡い期待は裏切られ、3月はしとしと雨が続く肌寒いスタートとなりました。最高気温は10度以上で、最低気温でも5度前後と、冬のような寒さはありませんが、それでも朝晩の冷え込みや全体的に湿っぽい寒さを感じさせ、コートやストールは必須です。雨も多いので、フード付きのレインコートや帽子、折り畳み傘、雨に強い靴などもこれからのパリ旅行の強い味方となってくれるでしょう。こちらのページから、2010年から現在まで、月別の天気・気温・服装をチェックできますので、この時季にパリ旅行を計画している人は過去9年の3月のパリの天気をチェックしてみてください。



パリ在住日本人イラストレーターmarineさんから届いた3月のイラストは、「春よ早く来い!」という願いを込めてコートを脱いだパリジェンヌです。冒頭にも書きましたが、まだまだ寒いのでやっぱりコートは必須ですが・・・・
色とりどりカラフルなアイテムで春を取り入れた着こなしは、花柄のマキシロングスカートに合わせたクロップド丈のトップスでバランス良いコーディネート。この季節だと、タートルネックのニットで首元があたたかいのも良いですね。足元は、パリジェンヌに人気のローテクスニーカーでカジュアルダウン。春を待ちながら、洋服はパッと鮮やかなこんな着こなしを楽しむのも素敵ですね。

→2019年3月のパリのお天気と服装カレンダーはこちらから
→2010年から現在までのパリの過去の月別天気・気温・服装はこちらから


2019年2月 パリ10区にて



© marine illustration

2月に入って寒さが緩み始めているパリ。最低気温がマイナスになる日もありますが、最高気温が10度前後とがっちり帽子や手袋、マフラーが必要ない時も。特に晴れの日は、日中の気温が上がってコートのボタンを開けて歩いてちょうど良い場合もあり、観光にはぴったり。このまま3月まで暖かい気温が続いて春が訪れるのか・・・こちらのページから、2010年から現在まで、月別の天気・気温・服装をチェックできますので、この時季にパリ旅行を計画している人は過去9年の2月、3月のパリの天気をチェックしてみてください。



パリ在住日本人イラストレーターmarineさんから届いた2月のイラストは、ヴィンテージと思われるコートをオーバーサイズに着こなすパリジェンヌ。カラーは今っぽさをぐんとアップするキャメル!インにはキャメルと相性の良い鮮やかなレッドのタートルネックで明るい色味のコーディネートがかわいい。タートルネック人気は今年から復活していますね。キャメルxタートルネックの今年らしい組み合わせがかわいいです!そして、マルシェで使うカゴバッグを合わせて一段とパリジェンヌ風味を引き立たせているのがおしゃれ。

→2019年2月のパリのお天気と服装カレンダーはこちらから
→2010年から現在までのパリの過去の月別天気・気温・服装はこちらから


2019年1月 レピュブリック界隈にて



© marine illustration

寒さの緩いクリスマス、お正月を終え、1月中旬で最低気温がマイナスとなり粉雪も舞うようになったパリ。このシーズンにパリにいらっしゃる方は、防寒対策、にわか雨・雪対策、そして乾燥対策をしっかりしてくると良いでしょう。手も唇も気づかないうちにカサカサになってしまいます。



パリ在住日本人イラストレーターmarineさんから届いた1月のイラストは、ベージュとブラックのスタイリッシュな組み合わせ。ベージュのコートに、オールブラックのインとマフラーの着こなしは意外にしっくり決まります。パリジェンヌの差し色の”王道”である赤を足元に、インパクトあるカラーコーディネートを忘れないのもさすが。雰囲気あるふわふわロングヘアがパリジェンヌらしいチャーミングさをプラスしています。

→2019年1月のパリのお天気と服装カレンダーはこちらから
→2010年から現在までのパリの過去の月別天気・気温・服装はこちらから


2018年12月 サントノレ通りにて



© marine illustration

今年も最後の月になりました。毎年言ってしまいますが、なんだかあっという間ですね。今年のパリは11月からグンと冷え込みが厳しくなり、12月も引き続き寒い週と、少し寒さが緩む週が交互に来ている感じです。雨がとても多く、この季節の楽しみであるマルシェ・ド・ノエルや美しいイルミネーションを心置きなく歩き回れないのが少し残念です。天候もありますが、今年は「Gilets jaunes(黄色いベスト)」のデモ行進の影響もあり、いつもよりクリスマスを満喫できない雰囲気が漂っています。




パリ在住日本人イラストレーターmarineさんから届いた12月のイラストは、高級ブランドが立ち並ぶサントノレ通りで見かけたパリジェンヌ。白いタートルネックのニットにハイウエストのデニムがとっても今っぽい着こなし。赤のニットキャップをアクセントに、全体的にトリコロールカラーのかわいい着こなしです。とてもシンプルだけど、コートのサイズ感やデニムの丈にこだわれば、ここまで旬なモード感が出せるというお手本。ニットキャップにインパクトがあるので、あえてノーアクセサリーで。これからはますます寒くなると思うので、大判ストールやブーツ、手袋をプラスするのが必須です。

→2018年12月のパリのお天気と服装カレンダーはこちらから
→2010年から現在までのパリの過去の月別天気・気温・服装はこちらから


2018年11月 パリにて



© marine illustration

もう11月。今年も残すところあと2ヶ月です。11月に入ってからは雨が多く、朝晩の冷え込みも一段と厳しくなったので、ストールは必須アイテム。日中、太陽が照ると暑く感じ場合もあるので、着脱できるカーディガンのようなものを中に来ておくと便利かもしれません。




パリ在住日本人イラストレーターmarineさんから届いた11月のイラストは、パリジェンヌの定番!白・黒・グレーのベーシックカラーのミニマルなコーディネート。流行に左右されることなく、大きくハズしてダサくなる危険性は低いので真似しやすい着こなしともいえますが、シンプルであればあるほど、素材や風合いに目がいくので、チープ感のないノーブルな素材を選ぶのがベター。また、シルエットもバランス良く選ぶのが素敵に見せるコツでしょう。このパリジェンヌのように、足元にだけベージュを合わせ、控えめなアクセントを付けるのもおしゃれ。ニットキャップとさらりと巻いたマフラーは、さすが。パリジェンヌはやっぱり小物使いが上手ですね。

→2018年11月のパリのお天気と服装カレンダーはこちらから
→2010年から現在までのパリの過去の月別天気・気温・服装はこちらから


2018年10月 パリ、レピュブリック広場にて



© marine illustration

快晴続きで暖かい日が続いた9月とうって代わり、朝晩の冷え込みが厳しい秋らしいお天気になった10月。これからはたくさん重ね着して、レイヤーのおしゃれを楽しめそうですね。




パリ在住日本人イラストレーターmarineさんから届いた10月前半のイラストは、大きなワンちゃんとお散歩中のパリジェンヌ。サン・マルタン運河沿いは、この季節ぶらぶらと歩くのにぴったりの場所ですね。本格的に寒くなる前のアウターには、変化球のノーカラージャケットをチョイス。素材感の面白いものを選んでいますね。ジャケットのインにはシャツ+ニットの優等生風コーディネート。足元は薄いピンク色のシューズで、意外性をちょっぴりプラスしています。今の季節にはストール、靴下をプラスすると良さそうです。

→2018年10月のパリのお天気と服装カレンダーはこちらから
→2010年から現在までのパリの過去の月別天気・気温・服装はこちらから


2018年9月 ゴンクールにて



© marine illustration

9月に入っても最高気温が30度近くなる、残暑のような天気が続くパリ。とはいえ、朝晩はぐんと冷え込むようになりさすがに秋の気配を感じるようになりました。今の時期、日中は太陽が照ると暑いので半袖+長袖の羽織ものの組み合わせが便利ですよ。




パリ在住日本人イラストレーターmarineさんから届いた9月後半のパリジェンヌは、小花柄ワンピースに厚手ニットカーディガンのグランジコーディネート。今年はフラワープリントのロングスカートやワンピースが人気で、いろいろなブランドで見かけます。さらりとした薄い素材のワンピに、バルキーなカーディガンの組み合わせがとってもパリっぽい・・・というか、朝晩が寒くて日中暑くなるフランスで楽しみやすい格好かもしれません。今の季節はまだ暖かいのでカーディガンのニット素材をコットンのものにしてもいいかもしれません。足元はストラップシューズでかっちりと、ヴィンテージ調のバッグもコーディネートにお似合いです。

→2018年9月のパリのお天気と服装カレンダーはこちらから
→2010年から現在までのパリの過去の月別天気・気温・服装はこちらから


2018年9月 パリにて



© marine illustration

7、8月はパリの街も閑散としていましたが、長い夏のバカンスが明けて、リフレッシュしたパリジャン・パリジェンヌたちが街に戻ってきました。9月はフランスの新年度。子供たちや学生たちにとっても新たな学年のスタートです。今年は世界的に猛暑でフランスも寝苦しい日が続いていました。9月に入ってようやく朝晩涼しくなりましたが、9月前半は25度前後の気温で、晴れが続く予報です。




パリ在住日本人イラストレーターmarineさんから届いた9月のパリジェンヌは、長袖を着るにはまだ暑い今の時期にぴったりの、白いニットにクロップド丈デニムの爽やかなコーディネート。ボトムの丈に合わせてトップスも短めに、ベルト代わりに巻いたチェックのスカーフがポイントになっています。足元はサンダルで夏の雰囲気を残していますが、この着こなしにショートブーツなどを持ってきても良さそうです。
→2018年9月のパリのお天気と服装カレンダーはこちらから
→2010年から現在までのパリの過去の月別天気・気温・服装はこちらから


2018年8月 パリにて



© marine illustration

7月後半から続く猛暑は8月も続行。日本の暑さに比べたら、フランスは湿気が少なくカラッとしていますが、直射日光が激しく日向にいると肌がじりじりと焼けつくようです。





パリ在住日本人イラストレーターmarineさんから届いた8月のパリジェンヌは、そんな暑い日をおしゃれに過ごせるコーディネート。今夏の旬、赤x白のフラワープリントのワンピースに、黒のキャップを合わせているところがいちばんのポイント。ワンピにキャップを合わせることで、大人しくおさまらずにカジュアル&個性的な印象を与えます。足元はサンダルで軽やかに。8月2週目後半からはぐんと気温が下がり、最高でも20度前半の予報。それでも、キャップや帽子、サングラスは必需品です。

→2018年8月のパリのお天気と服装カレンダーはこちらから
→2010年から現在までのパリの過去の月別天気・気温・服装はこちらから


2018年7月 トゥールーズにて



© marine illustration

7月に入って最高気温が30度前後の暑い日が続いているパリ。家庭にクーラーが普及していないので、夜は寝苦しいです・・・とはいえ、日本の暑さと湿気に比べると、フランスはまだカラッとして過ごしやすいと言えるかもしれません。今回はバカンスシーズンらしく、marineさんが南仏トゥールーズで見かけたToulousaine(トゥルーゼーヌ)の着こなしです。




前回に引き続き、暑い日にぴったりの爽やかな淡いブルーのオールインワン。シンプル&カジュアルだけどおしゃれ感が漂います。バッグとサンダルの小物類はすべて黒で統一して、全体のコーディネートを引き締める工夫を。ヘアスタイルは頭のてっぺんでまとめた涼しげなお団子がこの季節、一番ですね。
→2018年7月のパリのお天気と服装カレンダーはこちらから
→2010年から現在までのパリの過去の月別天気・気温・服装はこちらから


2018年7月 パリにて



© marine illustration

7月に入ってようやく夏らしい太陽がギラギラ照るお天気が続いています。フランスは湿気が少ないせいか、直射日光が日本よりも厳しく、さすがにサングラスがないと眩しく感じます。夏にパリ旅行にいらっしゃる方は、サングラス、帽子、日焼け対策が必須ですよ〜!





寒かった5〜6月のストレスを発散させるかのように、パリジェンヌもどんどん夏らしいファッションを楽しんでいます。パリ在住日本人イラストレーターmarineさんから届いた7月前半のパリジェンヌは、間違いない可愛さのコンビネゾン!!袖からフロントにかかるフリル使いで旬のデザインを選んでいるところがさすがです。パステルピンクにノースリーブで、暑い季節にぴったりの涼しげなデザインなのもポイント。この夏のパリジェンヌのマストアイテム、かごバッグはバケツ型でちょっとひねりを加えてます。足元はサンダルではなく、あえてフラットパンプスできれいめにまとめているところもエレガントで好感が持てますね。

→2018年7月のパリのお天気と服装カレンダーはこちらから
→2010年から現在までのパリの過去の月別天気・気温・服装はこちらから


2018年6月 パリにて



© marine illustration

6月も雨や雷が多く肌寒い日が続いていましたが、後半は最高気温が30度近くまで上がる夏日のような暑さになるという予報。こんなに寒暖差が激しいと体調を崩さないようにするのに大変です。今年は春を感じないまま突然夏になってしまうのかもしれません。





さて、パリ在住日本人イラストレーターmarineさんから届いた6月後半のパリジェンヌは、この夏のマストアイテムを上手に取り入れたさりげなくおしゃれなコーディネート。今年は何と言っても、かごバッグやパニエ!街歩きに持つのが大流行していて、どのセレクトショップにもショルダーやトートタイプのかごやパニエ風バッグがたくさん置いてあります。

こちらのパリジェンヌは、ファッション性の高いラウンド型のかごバッグ。ラブリーなヴィンテージ調のレースブラウスに、ハイウエストのデニムで今年っぽさをプラスして、足元はピンクのサンダルを合わせてシンプルなカラーコーディネートにアクセントをプラスしています。まだかごバッグを持っていないというみなさん、今年はいろんな種類が出ているのでお気に入りのひとつを見つけてくださいね!

→2018年6月のパリのお天気と服装カレンダーはこちらから
→2010年から現在までのパリの過去の月別天気・気温・服装はこちらから


2018年6月 レピュブリック界隈にて



© marine illustration

今年もあっという間に折り返し地点・・・6月になりました。2018年の前半は寒くて雨の多いパリでしたが、6月に入って初夏らしい暑い日が増えてきました。とはいえ、蒸し暑くて午後になって雷雨になるときも多く、出かける際に折りたたみ傘を忘れないようにしないとずぶ濡れになってしまいます。





さて、パリ在住日本人イラストレーターmarineさんから届いた6月前半のパリジェンヌは、ネイビーとレッドのはっきりとした色合わせが爽快なコーディネート。ワイドなネイビーのパンツはウエストのレースアップがポイントになって可愛い。トップスにはあえて難易度の高い赤を合わせてトリコロルなネオマリンルックに挑戦しています。足元の厚底エスパドリーユも人気のレースアップを合わせて、全体的に軽やかな夏らしい着こなしです。
→2018年6月のパリのお天気と服装カレンダーはこちらから
→2010年から現在までのパリの過去の月別天気・気温・服装はこちらから


Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9

コメント投稿

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)