Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

トリコロル・パリ : パリとフランスの旅行・観光情報 | August 26, 2019

Scroll to top

Top

フランスのイベント

No Comments

「ハリウッドが見たパリ」展

「ハリウッドが見たパリ」展

いつも好評を博しているパリ市庁舎の無料展覧会。芸術の秋らしく「ハリウッドが見たパリ」と題した展示がスタートしました。



サイレント映画の時代から、1951年の「巴里のアメリカ人」、ジバンシィが衣装デザインしたヘップバーンが美しい「シャレード」、最近ではウッディ・アレンの「ミッドナイト・イン・パリ」やマーティン・スコセッシ監督作の「ヒューゴの不思議な発明」まで、1世紀以上にわたりアメリカ映画がいかにパリを映しだしてきたか、その変遷を、映像はもちろん衣装、セットの模型、シナリオ、ポスターなどを通して追いかけることができます。20台のテレビが設置され、映画70本の抜粋映像が見られるほか、幅20mの大きなスクリーンには、ハリウッドとパリの深ーい関係を感じさせる映画や写真、ポスターが映し出されています。
パリを描いたハリウッド映画100本のリスト


「ハリウッドが見たパリ」展 / Paris vu par Hollywood
パリ市庁舎
2012年9月18日~12月15日
月~土 10:00~19:00
日、祝
5 rue de Lobau 75004 (地区:
Hôtel de Ville 1,11番線 徒歩0分
無料

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)