〈12ヶ月のパリジェンヌ〉Avril 2016 part 2


パリ在住の日本人イラストレーターMarine(マリン)さんが毎月トリコロル・パリに届けてくれる、街角のおしゃれなパリジェンヌを描いた素敵なイラスト。パリに暮らす女の子たちがどんなコーディネートをしているのか、今のパリの空気を感じさせてくれます。パリジェンヌならではのおしゃれテクを普段の着こなしに取り入れてみたり、「パリのお天気と服装カレンダー」とともにパリ旅行の荷づくりの参考にしてくださいね!

Marineさんプロフィールmarine-illustration.comInstagramパリジェンヌのInstagram




2016年4月 パリ11区のフリーマーケットにて

© marine illustration

フランスの春の風物詩とも言える「Vide grenier(ヴィド・グルニエ)」は「屋根裏を空っぽにする」という名の通り、家にあるいらないものを売るフリーマーケットのこと。今年は雨が多いですが、少しずつ暖かくなるこの季節になると、プロ・一般人問わず、こういったフリーマーケットや骨董市を目にする機会がぐんと増えます。




 

11区のフリマで出会ったパリジェンヌは、ビビッドな色のコートがひときわ目を引く春らしい装い。トレンチコートも個性的なイエローなら、オシャレ度がぐんとアップしますね。その下にはドット柄のワンピース、そして足元はコーラルピンクのバレエシューズ。普通ではちょっと考えられない色の組み合わせを、こんな風に楽しめるところがパリジェンヌらしさでしょう。前髪をさりげなくピンでとめて、ふわふわヘアを生かした髪型もある意味パリジェンヌだからこそキマるのかもしれませんね。ちなみに、ミニスカートに素足もしくはストッキングはまだまだ寒いのでご注意を!私はいまだに、スカートを履くときはタイツです・・・

→2016年4月のパリのお天気と服装カレンダーはこちらから
→2010年から現在までのパリの過去の月別天気・気温・服装はこちらから
→今までのパリジェンヌの着こなしを全部見る!

♡ 参考にしたい ♡
パリジェンヌのおしゃれコーデいろいろ

No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published.