Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

トリコロル・パリ : パリとフランスの旅行・観光情報 | May 22, 2019

Scroll to top

Top

ブログ

No Comments

レシピ04:ポルチーニ茸のタリアッテレ|簡単なのにレストランみたいなイタリアンレシピ

レシピ04:ポルチーニ茸のタリアッテレ|簡単なのにレストランみたいなイタリアンレシピ

l-inconnu-collab

l-inconnu-chef

パリに日本人シェフとして初めてイタリアンレストラン「L’Inconnu ランコニュ」をオープン。
トリコロル・パリの「L’Inconnu」グルメレポート

フランスの料理専門雑誌「Le Chef」から2015〜2016年にオープンしたレストランを対象とした新人賞を授与されるなど、大活躍の檜垣浩二シェフがこっそり教えてくれるイタリアンのレシピです。日本でも買える材料で簡単に作れるのに、まるでレストランのような一品に!ぜひ試してみてくださいね。

4回目は、秋のきのこをたっぷり使ったパスタ。元レシピはポルチーニ茸ですが、もちろん、椎茸をはじめ、日本のきのこを使っても十分美味しいです。前回のパン・ペルデュと同じきのこのピューレを使いまわせるので、おうちでもレストランのような「きのこ尽くしのコース」を試してみてはいかがでしょう〜!

l-inconnu-recette4-3
l-inconnu-recette4-2

準備時間 30分/加熱時間 20分

材料(4人分)

ポルチーニ茸のピューレ
*ポルチーニ茸・・・4個
(椎茸など日本のきのこでもOK)
*バター・・・10g
*牛乳・・・100ml
*ブイヨン・・・100ml

パスタソース
*ポルチーニ茸・・・6個
(椎茸など日本のきのこでもOK)
*ニンニク・・・1かけ
*バター・・・10g

*ポルチーニ茸のピューレ・・・160g
*ブイヨン・・・200g

*タリアテッレ・・・240g
*パルメザンチーズ・・・20g
*パセリ・・・少々
*塩、胡椒、オリーブオイル・・・適量

作り方

ポルチーニ茸のピューレ
[1]ポルチーニを掃除し、厚切りにします。
[2]フライパンにバターを入れ、1のポルチーニ茸を加え、香ばしい焼き色がつくように炒めます。
[3]牛乳とブイヨンを同じ鍋に入れ、温めたら、[2]と一緒にミキサーでピューレ状にします。(ハンドミキサーがあると便利。)

パスタソース
[4]ニンニクをみじん切りにし、オリーブオイルと一緒に鍋に入れます。軽く色づいたら、掃除して厚切りにしておいたポルチーニ茸、バターを加え香ばしく炒めます。(火加減は中火)
[5][4]にポルチーニ茸のピューレ、ブイヨンを加え、馴染むように煮込みます。
[6][5]に茹でたパスタを加え、煮込むように絡めていきます。(水分が少なくなったらパスタの茹で湯を足しましょう。ただし塩味に注意。)
[7]塩コショウで味を整え、火を止めてパルメザンチーズをかけ盛り付けます。
[8]パセリのみじん切りと、スライスしたポルチーニ茸を飾ります。

ポルチーニ茸の代わりに、椎茸やブラウンマッシュルームなどでも美味しくできますが、バターでしっかり炒めるのが大事です。
タリアッテレ以外のパスタでももちろんOKですが、ソースがしっかり絡むフェットチーネなどの太めのパスタがおすすめ。

Restaurant L’Inconnu
住所:4 rue Pierre Leroux 75007
電話:01 53 69 06 03
メトロ:Vaneau 10番線、Duroc 10、13番線
営業日:12:00〜14:00 / 19:30〜22:00
定休日:日曜夜、月、毎月第一日曜
http://restaurant-linconnu.fr

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)