Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

トリコロル・パリ : パリとフランスの旅行・観光情報 | May 26, 2019

Scroll to top

Top

フレンチ

No Comments

Le Temps au Temps

Le Temps au Temps

おいしいビストロが軒を連ね、今やパリの中でもグルメなスポットとして注目を集めるポール・ベール通り。ル・タン・オ・タンはオリジナリティーあふれるフレンチを日替りランチなら3品20€以下、ムニュでも3品30€というリーズナブルな料金で楽しめるおすすめのレストランです。



元々あった同名レストランを現在のシェフ、ドゥニ・サバロさんが2008年に買い取り、以前にも増してこの界隈で人気を集めるアドレスになりました。シェフの料理のモットーはマルシェで仕入れる旬の素材を生かすこと。お皿の上にはそれぞれの季節を感じとれる彩りにあふれています。
今回チョイスしたのは平日の日替りランチ3品コース17.5€。前菜はアスパラガスのクリームスープ。香り高いホワイトアスパラの濃厚なクリームスープに、こりこりとした歯ごたえのグリーンアスパラ、ぴりっとした粗挽きこしょうとオイルがアクセントになってとてもおいしい。熱々でサーブされたのも日本人にはうれしいポイントです。
メインはブルターニュのソーセージとポテトのピュレ。カリッと焼き上げられたソーセージは脂っこくなく、自家製のなめらかなピュレとぴったり合って最後まで飽きることなく楽しめました。そして、デザートはレモンタルトとチョコレートサブレ。丸いミニタルトを想像していたので、細長い円筒の形にびっくり!レモンのさっぱりとした酸味を堪能できるカスタードクリームと、下にひかれたさっくさくのチョコサブレが絶妙にマッチ。ケーキに添えられたグリルアーモンドとヨーグルトアイスの相性もよく、デザートにも手を抜かないシェフの心意気を感じました。
最初から最後まで大満足のランチで、コストパフォーマンスの高さにつくづく感動。よりガストロノミックな料理を楽しむなら29€のムニュを。日替りでもボリュームたっぷりなので、男性でも満足できると思います。





Le Temps au Temps / ル・タン・オ・タン
13 rue Paul Bert 75011 (地区:
01 43 79 63 40
Faidherbe-Chaligny 8番線 徒歩2分
火-土 12:00〜13:30/19:30〜22:30
日、月、8月3週間、年末年始1週間
Visa, Master, Amex
日替りランチ2品14.5€、3品17.5€、メイン+グラスワイン15€ ランチ・ディナー3品29€、アラカルト(前菜7€、メイン19€、デザート7€)

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)