Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

トリコロル・パリ : パリとフランスの旅行・観光情報 | April 21, 2018

Scroll to top

Top

パン&パティスリー

No Comments

Pâtisserie Christophe Michalak

Pâtisserie Christophe Michalak

パリの5つ星ホテル、プラザ・アテネのシェフパティシエ、クリストフ・ミシャラクが、ラ・パティスリー・デ・レーヴユヌ・グラス・ア・パリパン・ドゥ・シュークルなどがひしめくスイーツ激戦区、マレエリアに、今月新しいパティスリーをオープンしました!



2005年にパティスリーの世界大会で優勝し、お菓子教室を兼ね備えたブティックMichalak Take Awayや、シュークリーム専門の屋台Choux d’enferをプロデュースするなど、常に注目を集めるミシャラク。そんな彼が、彼自身審査員を努めるパティシエのコンクール番組「Qui sera le prochain grand pâtissier?」で、決勝まで残ったトリスタン・ルスロをパティシエに任命し、新たなブティックを開いたとあり、お客さんが絶えない人気ぶりです。
おしゃれなお店が多いマレらしく、白を基調にした店内は都会的なデザイン。ショーウィンドウには、楕円型の「Cake」シリーズや、細長い形をした「Klassik」シリーズが並び、パリ・ブレストやミルフイユなど、フランスの伝統的なケーキが揃います。旅行者にとって、大きなサイズのみなのが残念なところですが、昔ながらのケーキをモダンにアレンジしたオリジナリティあふれるフォームは、見ているだけでも楽しむことができるでしょう。
また、スペシャリテのルリジューズ(シュー菓子)「Miss K」は、プラザ・アテネでも評判の高い一品。かすかにほろ苦さを感じる塩キャラメルのクリームがシュー生地にたっぷり入り、1つ9€と値は張りますが、大満足の味でした。他にも、Michalak Take Awayで人気の瓶にスイーツが入った「Kosmik」シリーズや、焼き菓子、チョコレートなどもあり、どれもおいしそう!次回パリを訪れる時は、実力も人気もあわせ持つスター・パティシエの世界をぜひ覗いてみてくださいね。

Pâtisserie Christophe Michalak / パティスリー・クリストフ・ミシャラク
16 rue de la Verrerie 75004 (地区:
Hôtel de Ville 1、11番線 徒歩4分
11:30〜20:00(水〜19:00)
月、火
VISA、MASTER(15€〜)
http://www.christophemichalak.com/
Michalak Take Away : 60 rue du Faubourg Poissonnière 75010  Choux d’enfer : 18 rue de Dunkerque 75010


16 rue de la Verrerie 75004

Tags

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)