「マイ・ウェイ」をフランス語で歌おう!〈マイウェイ・チャレンジ Part1〉

フランス語で歌おう!第1弾として、先日「オー・シャンゼリゼ(Les Chmaps-Elysées)」が完結しましたが、今日は第2弾として「マイ・ウェイ」を取り上げたいと思います。

日本でもおなじみのこちらの曲、フランク・シナトラの歌として記憶している人も多いかと思いますが、実はオリジナルはフランスの曲!「Comme d’habitude」のタイトルで、クロクロの愛称で親しまれた国民的人気歌手クロード・フランソワが1967年に歌って大ヒットしました。その曲をフランスにバカンスに訪れていたカナダ出身の歌手ポール・アンカが聴き、クロード・フランソワにコンタクトを取りカバー曲を制作。1969年にフランク・シナトラが英語版「マイ・ウェイ」を歌い、世界的な大ヒットとなり、その後も数々の著名な歌手がカバーを繰り返す不朽の名作となりました。




作詞はクロード・フランソワとジル・ティボー、作曲はジャック・ルヴォーとクロード・フランソワが手掛けました。私は日本語の「いま〜ふなでが〜」のイメージから、愛する歌の道に進むべく、旅立っていく人の歌・・・だとぼんやり思っていたのですが、フランス語の歌詞はある一人の男(または女)の日常風景を淡々と綴っており、その印象の大きな違いに驚きました。ごく平凡な、普段と変わらないある1日を切り取った情景描写が、淡々と繰り返される同じメロディラインに乗り、聞いているうちにじんわりと静かな感動を覚えます。歌詞の内容の取り方は人それぞれですが、「なんてことない日常が愛おしい」と感じられる素晴らしさ、でも、それに気付いた時にはもう人生の終わりが見えているのかもしれない・・・と個人的には感じています。

タイトルの「Comme d’habitude(コム ダビチュード)」は「いつものように、いつもと同じに」という言い回しで日常でも頻繁に耳にします。「Comme d’hab(コム ダブ)」という風に省略してくだけた言い方をする人もいます。

クロード・フランソワが歌うフルバージョンをどうぞ。こちらはレコード音源ではないので、クロクロがけっこうアレンジして歌っています。

〈Comme d’habitude〉Claude François 1967年




パート1はサビ部分のみ覚えましょう。コムダビチュード〜が繰り返されるので、ハードル低め?です。
サビ部分から始まる動画はこちら。

〈Comme d’habitude マイ・ウェイ〉

わたしには あいする
コムダビチュードゥー トゥットゥラジュルネー
Comme d’habitude, toute la journée
(まず、コムダビチュードのポイントはムをはっきり発音せず「コンダービー」ぐらいの気持ちで。最後のドは「de」なので「ドゥー」という発音を意識して。ジュルネのルはRの発音なので喉を鳴らすか、できない時は「ジュフネー」という感じでごまかす)

うたが あるから
ジュヴェ ジュエー アッフェー ソンブラン
Je vais jouer à faire semblant
(à faireのフェーは本来最後にRがあるので「フェー(ル)」です。Rの発音ができる人は微かにルを歌いましょう)

しんじた このみちを
コムダビチュードゥー ジュヴェ スゥリー(ル)
Comme d’habitude je vais sourire
(Sourireの発音は激ムズです。Rが2回出てくるので、あからさまに「スフィーフ」と歌うと怪しく思われるので、リはRの発音で頑張りましょう)

わたしは ゆくだけ
コムダビチュードゥー ジュヴェ メム リー(ル)
Comme d’habitude je vais même rire
(Sourireに続き、Rire。拷問です。頭からRの発音なので目を閉じて観念しましょう。リに近い「フィー」でお茶をにごそう)

すべては こころの
コムダビチュードゥー オンファン ジュヴェ ヴィーヴ(ル)
Comme d’habitude, enfin je vais vivre
(拷問は最後まで続きます。Vivreも最後はRなので「ヴィーヴフ」という感じで乗り切りましょう。Enfinはオンはオンとアンの中間ぐらいの発音で)

きめたままに
コムダビチュードゥー
Comme d’habitude
(RもVも出てこないので、ノーストレス、自信満々で歌い切りましょう〜)

ところどころに、クロクロが盛り上がって「Oui」を挟んでいるように聞こえるのですが、まずは「Oui」抜きで歌ってみましょう。





今日はサビだけ歌いましたが、こちらには「Comme d’habitude」の1番の歌詞をまとめて紹介します。最初から聞いてこそサビへの思い入れがスパークします。


〈マイ・ウェイ フランス語歌詞の訳〉
Je me lève et je te bouscule
朝起きて 君の体を軽く押しやる

Tu n’te réveilles pas
君は目を覚まさない

Comme d’habitude
いつものように

Sur toi je remonte le drap
君にふとん(上にかける薄いシーツ)をかけてあげる

J’ai peur que tu aies froid
君が寒くないようにと心配して

Comme d’habitude
いつものように

Ma main caresse tes cheveux
手で君の髪をなでる

Presque malgré moi
ほとんど無意識に

Comme d’habitude
いつものように

Mais toi tu me tournes le dos
でも君は僕に背を向ける

Comme d’habitude
いつものように

Et puis je m’habille très vite
それから僕は急いで服を着る

Je sors de la chambre
僕は部屋を出る

Comme d’habitude
いつものように

Tout seul, je bois mon café
たったひとりでコーヒーを飲む

Je suis en retard
僕は遅刻している

Comme d’habitude
いつものように

Sans bruit je quitte la maison
音を立てずに僕は家を出る

Tout est gris dehors
外はすべて灰色だ

Comme d’habitude
いつものように

J’ai froid, je relève mon col
寒いから僕は襟を立てる

Comme d’habitude
いつものように

Comme d’habitude, toute la journée
いつものように、1日中

Je vais jouer à faire semblant
僕はそんなフリを演じるんだ

Comme d’habitude je vais sourire
いつものように 僕は微笑むだろう

Comme d’habitude je vais même rire
いつものように 僕は笑いさえするだろう

Comme d’habitude, enfin je vais vivre
いつものように、結局 僕は生きるだろう

Comme d’habitude
いつものように


いかがでしたでしょうか〜?2番もあるので気になる方は検索してみてください。次回は冒頭部分、行ってみましょう!

それでは、英語版を生んだポール・アンカが、亡きシナトラの声と共演したこちらの動画をどうぞ。

〈My Way〉ポール・アンカ&フランク・シナトラ


関連記事
→ マイウェイ・チャレンジPart1:「マイ・ウェイ」のサビ部分をマスターする!
→ マイウェイ・チャレンジPart2:「マイ・ウェイ」の冒頭ワンブロックをマスターする!
→ マイウェイ・チャレンジPart3:「マイ・ウェイ」のサビ前をマスターする!

→ シャンゼリゼ・チャレンジPart1:「オー・シャンゼリゼ」のサビ部分をマスターする!
→ シャンゼリゼ・チャレンジPart2:「オー・シャンゼリゼ」の冒頭部分1〜2小節をマスターする!
→ シャンゼリゼ・チャレンジPart3:「オー・シャンゼリゼ」の冒頭部分3〜4小節をマスターする!
→ シャンゼリゼ・チャレンジPart4:「オー・シャンゼリゼ」のサビ前ブロックをマスターする!
→ シャンゼリゼ・チャレンジ完結編:「オー・シャンゼリゼ」の1番をフランス語で通して歌う!

No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published.