フランスのおしごとABC〈Valet de chambre〉

フランスのおしごとABC
par ドミニク・ル・バグス

フランス人イラストレーター、ドミニク・ル・バグスさんが描くクマさんと一緒に、フランス語の職業の名前を勉強しましょう!


男性形:un valet de chambre / le valet de chambre
女性形:une femme de chambre / la femme de chambre




3つの単語が連なるちょっと長めの「Valet de chambre(ヴァレ・ドゥ・シャンブル)」は、ホテルの客室の清掃やメンテナンスを担当する客室係のこと。元々「Valet」は個人宅に仕える召使いを指す言葉で、それに「de chambre(部屋の)」を加えてホテルの客室係を意味する職業名として使われています。

女性の客室係の場合は「valet」の代わりに女性を意味する「Femme」を使い、「Femme de chambre(ファム・ドゥ・シャンブル)」と呼ばれます。一般的に、フランスのホテルでは女性が客室係を担当することが多く、「Valet de chambre」よりも「Femme de chambre」の方が普段から耳慣れた職業名だと言えるでしょう。

ちなみに、「Valet」はフランスのトランプで「Jack(ジャック)」のことを指す単語でもあります。フランスの絵札は「Roi(ロワ=王様)」、「Dame(ダム=女王・王妃 )」、「Valet(ヴァレ=召使い)」で頭文字はK、Q、Jの代わりにR、D、Vとなっているトランプもあります。

 

『おしゃべりがはずむ フランスの魔法のフレーズ』
ドミニク・ル・バグス&トリコロル・パリ

ユーモアたっぷりのイラストと共にフランスのエスプリの効いた面白い言い回しを学べる1冊!ちょっと立ち読みは→こちらをクリック♡




\フランスのおしごとABC/