フランスのおしごとABC〈Kinésithérapeute〉

フランスのおしごとABC
par ドミニク・ル・バグス

フランス人イラストレーター、ドミニク・ル・バグスさんが描くクマさんと一緒に、フランス語の職業の名前を勉強しましょう!


男性形:un kinésithérapeute / le kinésithérapeute
女性形:une kinésithérapeute / la kinésithérapeute




フランス語には珍しいKから始まるその字面も、「キネズィテラプート」という読み方も、まるで何かのおまじないのようなこの言葉。長いので、たいてい「kiné(キネ)」と略して使います。

「動き」を意味する「kinésie」と、「治療」を意味する「thérapie」が組み合わさって生まれた言葉で、いわゆる「理学療法士」を指します。ケガや病気が原因で、身体を今までどおりに動かせなくなったとき、運動療法やマッサージによって治療を行う仕事です。 日本ではリハビリ専門のイメージがあり、病院でお世話になるケースが多いかもしれませんが、フランスでは、それぞれの「キネ」がアパルトマンの一室を診療所にしていることが多く、より身近な存在。 捻挫や骨折のあとはもちろん、産後ケアにも「キネ」に通うのはフランスならではです。

 

『おしゃべりがはずむ フランスの魔法のフレーズ』
ドミニク・ル・バグス&トリコロル・パリ

ユーモアたっぷりのイラストと共にフランスのエスプリの効いた面白い言い回しを学べる1冊!ちょっと立ち読みは→こちらをクリック♡