32. Bol breton avec prénom

32. Bol breton avec prénom
名前入りボル・ブルトン

旅先の土産物屋でよく見かけるものといえば、色々な名前が記されたキーホルダーやハンドタオルのような小物でしょう。買うつもりはないけれど、思わず自分の名前があるかどうか探してみたくなりますね。フランスにも同じ文化があり、AからZまで、一般的なファーストネームやその時代にブームになっている名前入りのグッズが並んでいます。子供向けのお土産として調節可能な紐のブレスレットがおなじみかもしれません。

ブルターニュ地方での名入り土産物の定番といえば、ボル・ブルトン(Bol breton)と呼ばれる陶製のカップです。毎年数千個も売り上げるというのだから、その根強い人気に驚かされます。最初にこのボル・ブルトンが作られたのは1878年、フランス西端にあるカンペールという町。18世紀から陶器の製造が盛んで、ボウル型のカップや台所用品にやわらかなタッチと色合いの、独特な絵付けをしたカンペール陶器・カンペール焼(Les faïenceris de Quimper)が人気を博しました。その後、土産物店に並ぶ名入りのボル・ブルトンが作られるようになったのは1950年のこと。カンペールから300kmほど南に下ったポルニックという海辺の町にあるAtelier de la Faïencerie de Pornic(ポルニック陶器アトリエ)のレイモン・コルディエ社長が、乳白色の地にスポンジでつけた青い縁取り、フォークロア調の絵、筆字の名入れという今あるボルのデザインを発案しました。




二つの持ち手が付いている形が特徴的で、Bol à oreilles(耳付きカップ)という名称でもおなじみです。カフェオレや紅茶などの温かい飲み物をたっぷり注いだり、シリアルを食べたり、朝ごはんに活躍してくれる便利なボウルです。お店によっては好きな名前を入れてくれるサービスもあります。ほぼ100%の確率で店頭には並んでいないであろう日本人の名前は、名入れのサービスはうれしいですよね。もちろん、名前に限らず、文字数が許せば好きな単語やフレーズを入れるのもOK。Mamie(おばあちゃん)、Je t’aime maman(ママ大好き)、Super papa(スーパーパパ)なんていう遊び心のあるボウルも最近はよく見かけます。Merci(ありがとう)やBon dimanche(良い日曜日を)など、自由な発想で楽しむのも良いですよね。

自由に旅行できない今は、オンラインショップでのカスタマイズが便利です。以下に紹介するファイアンス・ドゥ・ポルニックのサイトでは、名前だけを入れてもらえる商品のほか、縁取りの色、側面のラインの色、底の絵柄もすべてカスタマイズできるサービスもあります!日本への発送も受け付けていますが、サイトは全てフランス語です・・・

価格:Bol-prénom breton 名前入り 8.9〜9.9€、名前・絵柄・色カスタマイズ 16.7€

|Faïence de Pronic|

ファイアンス・ドゥ・ポルニックのオンラインショップ:→名前・絵柄・色をカスタマイズできるボル・ブルトン →名前のみカスタマイズできるボル・ブルトン




⌘ フランスで見つけたおいしいものとかわいいもの

フランスに星の数ほどあるおいしいものとかわいいものを、トリコロル・パリの目線でご紹介。パリに暮らす日本人イラストレーターmarineさんの手描きのイラストとともに、歴史のあるもの、職人さんが手作りするもの、フランス人なら誰もが知る庶民的なもの、今流行しているもの・・・など、フランスのあらゆるMerveille(素敵なもの)をお届けします。

⌘ イラストレーター

下山真鈴  Marine Shimoyama

東京生まれ、パリ在住。アパレルブランドのPRを経て、2006年に渡仏。パリでグラフィックアートを学んだのち、イラストレーターとして活動を開始。フランスと日本で、アパレル・コスメ関連のイラストや、雑誌やウェブサイトの挿絵などを手がける。パリの日常で見かけるおしゃれなパリジェンヌをイラストで紹介するブログ「パリウォッチ」をMadame Figaro Japonのウェブサイトで連載中。

12ヶ月のパリジェンヌ||marine-illustration.com||Instagram

⌘ 「おいしいものとかわいいもの」バックナンバー

No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published.