44. Vernis à Ongles de CHANEL

44. Vernis à Ongles de CHANEL
シャネルのネイルエナメル

フランスを代表するファッションブランドのひとつ、シャネル。デザイナーのココ・シャネルは、自由な発想やデザイン力で、それまでの「女性のための服」の既成概念を次々とくつがえし、プレタポルテの世界に新たな旋風を巻き起こしました。シャネルの定番といえば、ノーカラーツイードのシャネルスーツやマトラッセのハンドバッグ、パールのロングネックレス、カメリアのブローチなどを思い浮かべますが、もうひとつ忘れてならないのが、シャネルの香水N°5です。洋服というジャンルだけでなく、香水やコスメといった女性のライフスタイル全般にわたって、おしゃれを楽しむことを提案しているところも、ココ・シャネルが残した偉大な功績のひとつではないでしょうか。

今回紹介するシャネルのネイルエナメルは、香水やリップと並んで、パリジェンヌの定番アイテムに必ず挙げられる逸品です。フランス語では「Le vernis longue tenue」という名前で、「持ちが良いネイル」という意味です。




シーズンごとに発表される新色は、その年のitカラーになることも多く、おしゃれなパリジェンヌの爪を彩るヴェルニとして影響力大!どのヴェルニにも番号と名前が付いていて、カラーから連想されるネーミングの妙もシャネルらしくて楽しいです。ちなみに、18番のRouge Noirは最もアイコニックなカラーで、約30年もの間愛され続ける定番中の定番です。

個人的に気に入っている点は、どの色も華やかだけれど上品さがあり、どんな手の色にもしっくり馴染むところ。ハケの形やサイズも絶妙で、色んなブランドのネイルもありますが、シャネルはやはり使いやすいと感じます。夏はイラストにあるようなパキッとした明るめの色も冒険してみたいですね。

価格:Le vernis longue tenue 28€(日本価格3860円)

|CHANEL|

シャネルのオンラインショップ:シャネルのネイルエナメル




⌘ フランスで見つけたおいしいものとかわいいもの

フランスに星の数ほどあるおいしいものとかわいいものを、トリコロル・パリの目線でご紹介。パリに暮らす日本人イラストレーターmarineさんの手描きのイラストとともに、歴史のあるもの、職人さんが手作りするもの、フランス人なら誰もが知る庶民的なもの、今流行しているもの・・・など、フランスのあらゆるMerveille(素敵なもの)をお届けします。

⌘ イラストレーター

下山真鈴  Marine Shimoyama

東京生まれ、パリ在住。アパレルブランドのPRを経て、2006年に渡仏。パリでグラフィックアートを学んだのち、イラストレーターとして活動を開始。フランスと日本で、アパレル・コスメ関連のイラストや、雑誌やウェブサイトの挿絵などを手がける。パリの日常で見かけるおしゃれなパリジェンヌをイラストで紹介するブログ「パリウォッチ」をMadame Figaro Japonのウェブサイトで連載中。

12ヶ月のパリジェンヌ||marine-illustration.com||Instagram

⌘ 「おいしいものとかわいいもの」バックナンバー

No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published.