Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

トリコロル・パリ : パリとフランスの旅行・観光情報 | September 22, 2019

Scroll to top

Top

フランスのイベント

No Comments

2019年7月14日(革命記念日・パリ祭)パリのイベント

2019年7月14日(革命記念日・パリ祭)パリのイベント

7月14日はフランスの革命記念日(パリ祭)で祝日です。フランス語では「14 juillet / キャトーズ・ジュイエ」と日付で呼ばれることが一般的。今年は土曜日に当たりますが、祝日のため閉店しているお店やレストランが多いので、事前に確認するのがベター。ルーヴル(7月14日は常設展入館無料)やオルセー、オランジュリーなど主要な美術館は通常通り開館していますが、パレードのある凱旋門は午前中閉まります。

今年の革命記念日のイベントはこちら。7月14日にパリにいる方はぜひ、お祭り気分を味わってくださいね。



★ 軍事パレード Défilé des troupes militaires ★
朝10時、大統領を乗せた戦車を皮切りに、陸軍士官学校や海軍兵学校の生徒、陸海空軍の部隊、消防士たちがシャンゼリゼ大通りからコンコルド広場までをパレードする恒例イベント。終了は12時ごろ。10時35分くらいからはシャンゼリゼ上空で戦闘機のデモ飛行も行われます。今年もマクロン大統領がパレードに参加する予定です。世界各地からの旅行者が多くシャンゼリゼ大通りの沿道に集まります。

【注意点など】
●この日は早朝から見学の場所取りをする人がシャンゼリゼ大通りに集まり、パレードの最中は非常に混み合います。スリなどが出没する可能性もあるので、パレードを見学するつもりがない場合はこの日の午前中はシャンゼリゼ観光は避けるのがベター。凱旋門も午前中は休館しています。
●この軍事パレードはフランスのテレビでも中継されています。(TF1=1チャンネルとFrance 2=2チャンネル)シャンゼリゼに行くよりも逆によく見えるので、ホテルの部屋でテレビ鑑賞するのもおすすめ。
●この日の午後はたくさんの制服姿の学生や兵士たちをパリの町中で見かけることができます。

★ ルーヴル美術館 Musée du Louvre ★
ルーヴル美術館無料開館:7月14日9時〜18時

★ コンサート Concert ★
エッフェル塔のふもと、シャン・ド・マルスで毎年行われるコンサート。今年もフランス国立管弦楽団と世界を代表するオペラ歌手の共演が予定されています。時間は21:15〜22:45。無料。




★ 花火 Feu d’artifice ★
23時からはシャン・ド・マルス(最寄りメトロ:Ecole Militaire⑧番線)で、エッフェル塔をバックに、約30分間花火が打ち上げられます。今年はエッフェル塔130周年ということで、ますます華やかなスペクタクルになりそうです!メトロの駅周辺が非常に混雑するので早めに到着することをおすすめします。

★ セーヌ川ナイトクルーズ Dîner-Croisière ★
セーヌ川から優雅に花火鑑賞ができるナイトクルーズもおすすめです!バトー・ムッシュをはじめ様々なクルーズ船がディナー付きやのクルーズを提案しています。詳しくはこちら→パリ市公式サイト(英語)

最寄りメトロ
– Ecole Militaire ⑧番線
– Bir Hakeim ⑥番線
– Champs de Mars – Tour Eiffel RER C線

→ その他2019年7月14日フランス革命記念日・パリのイベントの詳しい情報はパリ市の公式サイト(日本語)にて





昨年のエッフェル塔での花火の様子はこちら:

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)