〈フランスゴログ〉エイプリルフール

|FRANÇAIS| Poisson d’Avril ポワッソン ダヴりル

|JAPONAIS| エイプリルフール




|DÉFINITION| 
ついこの間、「ボナネー!」と新年の挨拶をしたと思ったら、今日からもう4月。サマータイムに変わり、フランスもようやく春めいてきました。さて、4月1日といえばエイプリルフール。1年のうちで堂々と嘘をついても良い日とされていますが、諸説ある中で、この不思議な風習の起源は1564年のフランス、シャルル9世が1月1日を新年にすると制定したことにあると言われています。→Wikipedia参照。

フランスでは「Poisson d’Avril」と呼ばれ、直訳すると「4月の魚」という意味になります。紙に描いた魚を切り抜いて、そ〜っと気づかれないよう友達や大人たちの背中に貼り付けるというのが一般的な子供たちのいたずらですが、テレビ番組や新聞、雑誌で嘘のニュースを発信するといった大々的ないたずらも、フランスでは随分古くから楽しまれています。

No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published.