19. Stylo BIC 4 couleurs

日本は空前の文房具ブームだそうですね!というわけで今回はフランス人が愛用するボールペン「BIC 4色ボールペン」をmarineさんに描いていただきました。

日本ほど文房具のバリエーションがないフランスでは、ボールペンといえばBICで、まさにボールペンの代名詞です。それもそのはず、BICは1950年に世界で初めて使い切りボールペンを発明した会社なのです。それが関係あるかどうかはわかりませんが、フランスでは小学校の授業ですでにボールペンを使い始めるほど、小さいころからボールペンに慣れ親しんでいます。ちなみに日本には1965年からBICのボールペンが登場したそうですよ。




赤、青、緑、黒の4色のインクを1本のボールペンで使える「Stylo BIC 4 Couleurs」は1970年に登場した当時としては画期的な多機能ペンでした。その少し丸みのある持ちやすくて愛らしい形とツートンカラーのデザインは、いつの時代にも古びることはありません。今ではさまざまな色や柄のものが発売されていますが、やっぱりホワイトとスカイブルーの軸のクラシックなバージョンが一番好きです。

価格:Stylo BIC 4 couleurs 2.5€〜

|BIC|

BICのオフィシャルサイト





フランスに星の数ほどあるおいしいものとかわいいものを、トリコロル・パリの目線でご紹介。パリに暮らす日本人イラストレーターmarineさんの手描きのイラストとともに、歴史のあるもの、職人さんが手作りするもの、フランス人なら誰もが知る庶民的なもの、今流行しているもの・・・など、フランスのあらゆるMerveille(素敵なもの)をお届けします。

下山真鈴  Marine Shimoyama

東京生まれ、パリ在住。アパレルブランドのPRを経て、2006年に渡仏。パリでグラフィックアートを学んだのち、イラストレーターとして活動を開始。フランスと日本で、アパレル・コスメ関連のイラストや、雑誌やウェブサイトの挿絵などを手がける。パリの日常で見かけるおしゃれなパリジェンヌをイラストで紹介するブログ「パリウォッチ」をMadame Figaro Japonのウェブサイトで連載中。

12ヶ月のパリジェンヌ
marine-illustration.com
Instagram

No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published.