Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

トリコロル・パリ : パリとフランスの旅行・観光情報 | November 19, 2017

Scroll to top

Top

アクセサリー

No Comments

Duvelleroy

Duvelleroy

華やかなヨーロッパの宮廷の女性たちに不可欠だったアクセサリーのひとつが、扇子です。美しいドレスを身にまとった貴族の女性たちが扇子を手にする姿はさまざまな映画や漫画でも描かれていますね。

1827年ジャン=ピエール・デュヴェルロワが創業したこの「デュヴェルロワ」は、その時代から現在に残る唯一の扇(Eventail)製造のメゾン。イギリスのヴィクトリア女王を始め、当時のヨーロッパ各国宮廷の御用達として一時代を築きました。

時代の変遷とともに扇子の需要が減り、「デュヴェルロワ」も長い冬の時代を迎えますが、その間もこのメゾンの命とも言える型紙や骨組などは大切に保管されてきました。「無形文化財企業」の認定も受けている、この老舗が現代に蘇るきっかけとなったのが、2010年、エロイーズとラファエルという2人の若い女性が、「デュヴェルロワ」の後継者とパートナーシップを組んだことです。

エルメスやメゾン・マルタン・マルジェラ、アレキサンダー・マックイーンで活躍したデザイナーのコラリー・マラベルが手がけるオリジナルデザインの新作はもちろん、有名クリエイターとのコラボレーションにも積極的。装身具のブランドとして、扇子だけでなく、バレエ「白鳥の湖」からインスピレーションを得たというCoiffe(ヘアバンド)も手がけ、今後はバッグも登場する予定。

フランスが誇る伝統工芸の技と、フランスのエスプリを感じさせるモダンなモチーフが融合した美しくかつ機能的な扇子。通勤時やオフィスでさりげなく使いこなしたらみんなに羨ましがられそう…!?1本39〜45€。

ちなみに、ヨーロッパの宮廷では扇の持ち方でメッセージを伝えていたとか…。
1. 私についてきて
2. I love you
3. あなたに会いたい
4. フィアンセがいます
5. 今夜はダメ
duvelleroy4


Duvelleroy / デュヴェルロワ
17 rue Amélie 75007 (地区:
01 42 84 07 52
La Tour Maubourg 8番線 徒歩5分
月〜金 10:00〜18:00
土・日
VISA, MASTER
http://eventail-duvelleroy.fr


17 rue Amélie 75007

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)