Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

トリコロル・パリ : パリとフランスの旅行・観光情報 | April 21, 2018

Scroll to top

Top

ショコラ&コンフィズリー

No Comments

Henri le Roux

Henri le Roux

塩入りバターキャラメル「C.B.S.」で、日本でも有名なアンリ・ルルー。ブルターニュのバターやゲランドの塩を使ったなめらかなキャラメルは、フランスでも人気です。そんなアンリ・ルルーが、12月1日にパリにお店をオープン。



以前はブルターニュのみ(キブロン、ランデヴァン)でしか触れることができなかったルルーさんの世界を、パリで感じることができるようになりました。場所は、グルメなお店が建ち並ぶサンジェルマン・デプレ。賑やかなビュシ通りから小道に入ってすぐで、パリ散策の途中に行きやすいのもうれしいところです。
お店に入るとまず目に入るのはキャラメル。隣にはカラフルなパート・ド・フリュイが並んで、その自然な色合いの組み合わせは、まるでアート作品のよう。程よい甘さの塩キャラメル「C.B.S」はもちろん、りんごをつかった「タタン」や「カシス」、「エピス・ドゥ・ノエル」といった季節限定のキャラメルもあり、選ぶのに迷ってしまいそう。また、奥にはチョコレートのエリアがあり、ルルーさんの腕が光る自慢の品が並びます。一粒一粒きれいに並んだガナッシュやプラリネは、全て自家製で常時40種類を揃え、バリエーションが豊富(そのほとんどがフランス限定フレーバー)。ソバやゲレンデの塩など、ブルターニュの素材を使ったものや、ドーフィネ産のクルミを使ったマジパン入りのNoix Fondante、トリュフを使ったTruffe de Truffeなど、期間限定のものもあり、見逃せません。ルルーさんおすすめのフレーバーがセットになった箱詰め(16€〜)やタブレットもあり、おみやげやプレゼントにしても喜ばれそう。また、キャラメルやチョコレートをその場で味わいたい方におすすめなのが「マリアージュ・グルマン」。日本茶やコーヒーとセットになっているので(4.4€〜)、軽く休憩したいときにもぴったりです。なお、お店には日本人の店員さんがいるので、日本語で安心してお買い物ができますよ。





Henri le Roux / アンリ・ルルー(アンリ・ル・ルー)
1 rue de Bourbon le Château 75006 (地区:
01 82 28 49 80
Mabillon 10番線 徒歩1分、Saint Germain des Prés 4番線 徒歩2分
月〜土 11:00〜20:00(月は19時まで)、日 11:00〜14:00(18時までのときもあり)
無休(12/25、26は休み)
VISA、MASTER
http://www.chocolatleroux.com/
24 rue des Martyrs 75009/52 rue Saint Dominique 75007


1 rue de Bourbon le Château 75006

前の記事

前の記事はありません

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)