Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

トリコロル・パリ : パリとフランスの旅行・観光情報 | July 27, 2017

Scroll to top

Top

ブログ

No Comments

2024年五輪招致に向けて…パリの中心がオリンピック競技場になる2日間

2024年五輪招致に向けて…パリの中心がオリンピック競技場になる2日間

2020年東京オリンピックに続く、2024年の夏季五輪開催地は今年9月13日のIOC総会で決定します。候補は、アメリカのロサンゼルス、そしてフランスのパリの2都市。パリは既に各施設が整っていることもあり、予算を抑えたエコな大会を掲げて招致活動を続けています。(→詳しくはこのトリコロルの記事で「2024年夏季オリンピック招致:パリのアピールポイントはこれ!」)

「2024年はパリに決まりらしい」という噂もちらほらと耳にしますが、最後まで気が抜けない・・・ということなのか、パリ市では6月23日(金)24日(土)の2日間にわたり、「Journées Olympiques=オリンピックデー」というイベントを開催しています。




セーヌ川沿いの4ヶ所、エスプラナード・デ・ザンヴァリッド、凱旋門、アレクサンドル3世橋などパリ中心の7ヶ所に特設会場が設置され、バスケットボールやバドミントン、バレーボール、ゴルフ、フェンシング、野球、アーチェリー、テニス、ハンドボール、自転車競技、陸上その他さまざまなオリンピック競技を体験できるほか、水泳の飛び込みやフェンシングなどのデモンストレーションも行われました。

初日の様子の動画はこちら↓

このイベントの中心的スポット、エスプラナード・デ・ザンヴァリッド〜アレクサンドル3世橋〜グラン・パレ&プチ・パレ前に行ってきましたが、何と言っても注目は、セーヌ川に浮かぶ156mの陸上のトラック。また、この橋には高さ17mの飛び込み台も設置されています。






※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)