Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

トリコロル・パリ : パリとフランスの旅行・観光情報 | August 22, 2017

Scroll to top

Top

モニュメント

No Comments

サント・シャペル

サント・シャペル

セーヌ川に浮かぶシテ島に位置するサント・シャペルは、世界でも随一の美しいステンドグラスを持つゴシック建築の教会堂として知られます。ルイ9世が1239年から収集しはじめた聖遺物を収めるために建設を命じ、4〜6年ほどの工事期間を経て完成したと言われています。一番の見所は600㎡にわたり礼拝堂の三方を囲む繊細かつ荘厳なパリ最古のステンドグラス。フランス革命での破壊を逃れ今もその美しさを讃えている大きなバラ窓のステンドグラスは、迫力すら感じさせ圧巻の一言に尽きます。

曇り空の多いパリですが、晴れた日にはステンドグラスがさらに美しく映えるので、お天気のいい日をチョイスできるとベター。4.5ユーロをプラスして日本語の音声ガイド(1時間)を利用すれば、さらに深くサント・シャペルの歴史やステンドグラスに描かれた絵について知ることができます。

サント・シャペルはパレ・ドゥ・ジュスティス(パリ最高裁判所)の敷地内にあり、裁判所とコンシェルジュリーの間に位置します。入場口は、裁判所に向かって左手。裁判所の敷地に入ることからセキュリティーチェックが特に厳しく、手荷物の中身もきちんと確認されるため常に長蛇の列ができています(特に夏はさらに長い列が!)ので、時間には余裕を持って行きましょう。朝早い時間だと待ち時間が少なめで済む可能性が高いです。ナイフやハサミのような先端の尖ったものは没収されますので注意しましょう。また大通りを挟んだ側にはノートル・ダム大聖堂があるので、サント・シャペルと組み合わせて効率的に見て回るのが良いでしょう。
(今年前半までステンドグラスの修復工事が続く予定です)

・ サント・シャペルのコンサート情報 ・
サント・シャペルは教会内で開催されるクラシック音楽のコンサートも人気です。荘厳なステンドグラスを眺めに響き渡る名曲に耳をかたむけながら、美しい音色に体が包み込まれるような経験はとても貴重な思い出となるでしょう。

| 開催期間 |
・3月中旬〜11月中旬 毎日 19:00〜、20:30〜
・11月下旬〜3月上旬 週末 18:00〜、20:00〜

| チケット料金・予約 |
・料金は内容や座席によって異なりますが、だいたい20〜50€程度です。
・チケットは当日サント・シャペルの窓口で販売しています(入場料とは別)。
・事前に様々なオンラインサイトで予約することも可能です。
→ 日本語での予約サイト:Classictic.com


Sainte Chapelle / サント・シャペル
8 boulevard du Palais 75001 (地区:
01 53 40 60 80
Cité ④ 徒歩2分、Saint Michel ④ RER B•C線 徒歩4分
3月1日〜10月31日:毎日 9:30-18:00(5月15日〜9月15日の毎水曜は21時まで)、11月1日〜2月28日:毎日 9:00-17:00
1月1日、5月1日、12月25日
8.5€、割引 6.5€、17歳以下無料 日本語音声ガイド(1時間)4.5€追加、大人ペア(2名)6€追加
http://sainte-chapelle.monuments-nationaux.fr
利用可


8 boulevard du Palais 75001

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)