Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

トリコロル・パリ : パリとフランスの旅行・観光情報 | November 19, 2017

Scroll to top

Top

アクセサリー

No Comments

Cinabre Paris

Cinabre Paris

2011年にパリで誕生した「Cinabre Paris(シナブル・パリ)」は、ネクタイとボウタイ(蝶ネクタイ)を中心としたメンズ・アクセサリーを提案する注目のブランド。創始者でデザインを手がけるアレクサンドルは、投資関連というファッションとは縁のない業界からデザイナーへと転身したちょっと変わった経歴の持ち主です。スウェーデン人である母方の大伯父と曽祖父がかつて仕立屋だったこともあり、モードには常に興味を持っていた彼は、30歳にして一念発起し、80年代にバレンシアガのデザイナーであったミッシェル・ゴマのもとに弟子入りし、数年後に自身のブランドを立ち上げました。



「シナブル・パリ」のアイテムはすべてメイド・イン・フランスで、アレクサンドルが長い時間をかけて見つけたフランス各地の職人さんたちが、丁寧に手作りしています。ネクタイと蝶ネクタイは、ロワール・エ・シェール県のアトリエで、母娘3代にわたるクチュリエが手縫いをし、何度結んでほどいてもしっかりとしている上質な生地は、パリでデザインしたオリジナルモチーフも含めリヨンからほど近い工場で製造されています。

アレクサンドルのこだわりは糸や裏地(裏地はすべて店名のCinabre=辰砂という石の赤色からインスパイアされた生地)の細部にまでわたり、ほかにも、今ではなかなかお目にかかれない質の良いビンテージやアメリカから取り寄せたバンダナやジャージなど、こだわってセレクトされた生地で作られるアイテムは一点もののような美しさがあります。ジャケットの胸元を飾る花のピンブローチは、コサージュ専門のパリの老舗アトリエで手作りされたもの。ダンディな男性に喜んでもらえそうな個性的なアイテムです。

昨年末にオープンしたばかりのお店は今注目のパリ10区にあります。中央に横たわる大きな家具はかつて眼鏡屋さんで使われていたという小さな引き出しがたくさん付いたもの。ビンテージの椅子やステレオの置かれたサロンコーナー、アーティストがイラストを描いた壁紙など、インテリアにもこだわりを感じられる空間。タイのほかにも、ベルトやカードホルダーといったレザー小物もあり、男性へのオリジナルなプレゼントを探している人はぜひ訪れてほしいアドレスです。

ちなみにパリではコレットでも取り扱いあり。バレンタインのプレゼントに今すぐ欲しい!という人は伊勢丹新宿店Edificeでチェックできます。その他日本での取り扱い店舗はこちらのページでご覧いただけます。オンラインショップ(英語)も日本への発送OKです。





Cinabre Paris / シナブル・パリ
20 rue d’Hauteville 75010 (地区:
01 48 24 72 28
Bonne Nouvelle 8、9番線 徒歩3分
月〜金 10:00〜19:30、土 14:00〜19:00
Visa, Master
http://cinabre-paris.com


20 rue d’Hauteville 75010

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)