Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

トリコロル・パリ : パリとフランスの旅行・観光情報 | June 17, 2019

Scroll to top

Top

美術館・博物館

No Comments

オランジュリー美術館

オランジュリー美術館

コンコルド広場の隣り、チュイルリー公園内にある美術館。もともと温室として使われていた建物を、モネの大作「睡蓮」を展示するために改造し、1927年に美術館としてオープンしました。さらに2006年の改装を経て、自然の光が射し込む中、「睡蓮」を楽しむことができるようになりました。



エントランスを入ると奥に睡蓮の部屋があり、一歩足を踏み入れるとモネの世界が一気に広がります。360℃、どこを見回しても睡蓮に囲まれ、作品に沿いながらゆっくり歩いたり、中央のベンチに座ってじっくり眺めたりと、豊かな気持ちで鑑賞することができ、フランスにいることを実感できるスペース。8枚の作品が2部屋に分かれて展示されているので、好みの部屋でモネの世界に浸るのもおすすめです。
また、地階にも展示スペースが広がり、印象派から1930年までの巨匠たちの作品を見ることができます。ルノワールの「長い髪の浴女」「ピアノに寄る少女たち」、モディリアーニの「ポール・ギヨームの肖像」「若い見習い職人」、ピカソの「水浴の女」「タンバリンを持つ女」、他にもゴーギャン、セザンヌ、ルソー、ローランサン、マティス、ユトリロ・・・と名前をあげたら切りがないほど、名作が揃っています。企画展スペースでは、パウル・クレー展など人気の高い特別展が開催されるなど、「睡蓮」以外にも見所たっぷり。館内にはブティックもあり、ポストカードやカタログの他に、美術館グッズもあり、おみやげ探しにもぴったりな美術館です。


Musée de l'Orangerie / オランジュリー美術館
Jardin des Tuileries 75001 (地区:
01 44 77 80 07
Concorde 1、8、12番線 徒歩3分
9:00〜18:00
火、5/1、12/25
7.5€、割引5€
http://www.musee-orangerie.fr
利用OK

前の記事

前の記事はありません

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)